泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

静岡県

清水港ベイクルーズ


清水港ベイクルーズ
日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が停泊中、清水港のクルージングを楽しんできました。

掛川花鳥園


掛川花鳥園
鳥と触れ合いができる掛川花鳥園です。

富士山


Mt Fuji 富士山
白雪の帽子をかぶった富士山が見たくて出かけてみました。
世界遺産に指定された富士山、三保半島と清水港からの絶景です。

一泊二日のミニ旅行

以前から行ってみたかったミニ旅行に、昨日と今日の一泊二日で出かけて参りました。

昨年の6月世界遺産に指定された「三保の松原」、ここからの富士山の眺めを目に焼き付けたく、好天を選んで出かけて参りました。

ちなみに昨年突然出かけた様子はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/45623600.html

帰国中のかぐや姫と久しぶりのお出かけです。

まずは掛川花鳥園でのスナップです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

そして静岡市の日本平展望台からの富士山です。

イメージ 7

そして今朝7時ころ、日の出を浴びる富士山と伊豆半島の山から上る日の出です。

イメージ 8

イメージ 9

そして念願の三保の松原からの見事な富士山です。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

次に清水港からの湾内周遊クルージングです。

今朝入港したばかりの飛鳥Ⅱも停泊中でした。
イメージ 13

イメージ 14

帰りにラグーナ蒲郡のイルミネーションを見て帰りました。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

三保の松原

昨日は、富士山の世界遺産登録おめでとうのニュースが賑やかでしたが、何故か私今日は午前2時過ぎに目が覚めてしまい、「三保の松原、まだ行ったことないし、お祝い方々行ってみるか」と思い立ち、午前3時に家を出て、国道1号線を一路静岡に向けて旅立ちました。

どの辺にあるのかも知らないので、まずはパソコンで検索。ついでに天候はどうかと調べたら、静岡は晴れマーク。

「よし、行くぞ」途中午前4時20分、夏至の翌日です。さすがに日の出時間も早いです。天竜川を渡るとき、あまりに朝焼けが美しかったので1枚パチリ。

イメージ 1

途中、掛川のパーキングで小休止、それでも午前6時に現場に到着しました。コンビニでコーヒーを買い「早く着きすぎたなー。」と思い「羽衣の松」へ先に寄りました。

イメージ 2

羽衣伝説、正確には知りませんでしたが、子供のころに教えてもらったような記憶はある。
なになに、天女が舞い降りてきて衣を松の枝にかけて離れていた間に、漁師の男が衣を隠してしまったとのこと。あわてた天女が返してくださいと言ったが、男は返さない。それで天女は漁師の機嫌を良くしようと舞を踊つたそうな。

これって助平親父のやりそうなことじゃない。私もきっとそうすると思う。

まあまあ、それはさておき、肝心の三保の松原と富士山の絶景が見たい。

よくある記憶では、銭湯の壁に描かれたペンキ絵やタイル絵。典型的な日本人好みの風景ですよね。拝借した写真がこれです。

イメージ 3

ところがどっこい、今日の現場、あいにく厚い雲で覆われております。以前東京出張の折、夏場は静岡側からは富士山が見える機会が少ないと記憶はしてたのですが・・・。
気温が上昇すると、南風にのって太平洋の水蒸気が富士山にかかり、雲で覆ってしまうと聞いたことがある。まるで羽衣のベールに覆われた今日です。

それでも午前8時半ころ、真上に青空が広がってきました。でも富士山は、ほんの少ししか頂上を見せてくれません。

それなら「富士山よ、姿見せねば、描いてしまえ」てなわけでこんなところに富士山があるはずです。

イメージ 4

イメージ 5

帰り道、久能山山頂までドライブウエイで登ってみました。午前9時過ぎですが駐車場にはすでにバスや乗用車、オートバイが沢山駐車しています。

昨晩か今朝立てたであろう真新しい「富士山世界遺産登録」の旗が立ち並んでいます。

イメージ 6

天気も良くなってきましたが、山頂からは一向に富士山が見られる気配はありません。
案内看板の写真でご勘弁ください。

イメージ 7

イメージ 8

更に帰りは、焼津を通り早めの昼食にマグロの握りをいただき、御前崎経由で駿河湾、遠州灘を左手に眺めながら交通安全を心がけて帰ってきました。
ギャラリー
  • 知多市歴史民俗博物館
  • 知多市歴史民俗博物館
  • 東海フラワーショウ2023
  • 有松
  • 第17回名古屋中国春節祭
  • 小松崎邦雄画伯の絵をゲット
  • 小松崎邦雄画伯の絵をゲット
  • 初詣
  • 初詣
アーカイブ
  • ライブドアブログ