泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

愛知県

半田市内散策 9

今日、朝刊に旧中埜家住宅を公開の記事を見つけ出かけてみました。

イメージ 1

こんな住宅に住んでみたいと日頃から考えている私ですが、財力の問題で夢の夢。

各部屋に暖炉があり、天井が高くて居住感良さそう。

イメージ 2

イメージ 3

せっかく駅前まで出てきたついでです。6月に個展を開催した雁宿ホールへ行ってみました。

めぼしい展示会は無かったですが、広場で菊花展を見つけ見学しました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

スーパーで買い物をして帰る途中、赤レンガ建物の様子を見に行きました。

イメージ 7

イメージ 8

さらに、ここで「ミツカンミュージアムが本日無料見学が出来る」というチラシを見たので、こちらへ。

以前ミツカンミュージアムへ立ち寄った時、「見学予約がないと入場できない」と断られたので、内容に興味があり、立ち寄ってみました。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

その後、運河沿いに北の方に少し歩き、中埜家十代中埜半六庭園、中埜醸造資料館を見てきました。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

大倉公園つつじまつり

昨日の夜は一杯飲みに行きたくて、歩いて行かれる近場の居酒屋で夕食を済ます。

昭和雰囲気のお店です。

イメージ 1

そして、今日は隣町大府市の「大倉公園つつじまつり」へ行ってきました。

この大倉公園、どう見ても以前誰かのお屋敷の感じです。

ネットで検索して分かりました。

大倉公園は大正時代、日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニーリミテド)の初代社長大倉和親の別邸であった。この別邸は大倉が名古屋を訪れた際の仮住まいとして使用されたほか迎賓館としても使用されていたそうです。

玄関は茅葺の門(国の登録有形文化財)、なるほど見事な日本庭園、竹林、つつじのお庭です。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

公園内のお部屋の中で見事な盆栽の展示会がありました。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

隣接して、大府歴史資料館があり、ここでは玄関前の広場でダンスパフォーマンスのイベント、館内には昭和時代のひとこまが展示されています。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

ここから高台にある大倉公園茅葺門までのつつじもまだ5分咲き程度です。

イメージ 18

イメージ 19


常滑やきもの散歩道

今日は隣町常滑のやきもの散歩道へ行きました。

道中、通りがかる「新美南吉記念館」へ立ち寄る。

イメージ 1

芝の下、地下に展示室があるちょっと変わった記念館です。

そして、何年ぶりでしょうか?久しぶりに常滑やきもの散歩道へまいりました。

以前の記事は、こちらです。



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

以前にも見たことがある、こんなひょうきんな焼き物が、面白い。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

半田市亀崎散策


今日午前は、昨日看板で見つけた「かみや美術館」へ行きました。

過去に一度訪れた個人美術館、郷土画家北川民治をはじめ有名画家のコレクションですが、当館学芸員の方があまり人の話を聞かず、もっぱらっコレクションの自慢話が多く、少々うんざり。

帰る矢先、急に雨が降り出しました。絵画の乾燥の為開けっ放しの窓を閉めに家へ帰り、ビールと共に昼食。

午後再び自転車で、住んでいる周辺の散策です。

先にこれも昨日知らない道を通り、偶然見つけた立川美術館、ここ立川流彫刻の腕前が、この地区の山車飾りの盛んな由来と関係があるようです。

イメージ 1

あうんの彫刻でしょうか、見事な彫り物です。

イメージ 2

イメージ 3

ミニチュアにしてこの出来栄えです。技術の伝承がいかに素晴らしいことでしょう。

イメージ 4

周りには古い建物も残っていて、時代感を感じます。

イメージ 5

そして目にしたのが「望洲楼」の看板、いかにも老舗の和食店のようです。

イメージ 6

玄関で出くわしたのが、こちらの貫録ある猫です。

イメージ 7

イメージ 8

「望洲楼」の説明
安政二年(1855年)に四代目成田新左衛門が 酒造り盛んな当地に創業。
日本画家「竹内栖鳳」そして「福澤諭吉」や「田山花袋」「柳田国男」ら文人墨客も訪れ、衣浦の海を望む丘にたつ建物は、門をくぐると木造の階段がつづき、一足ごとに別世界へと誘われます。

そして、あちこちに立ち並ぶ「潮千祭」ののぼり、来月3日、4日の開催だそうです。

イメージ 9

こちらが本命の神社、神前神社です。

イメージ 10

町は、お祭り前の準備か、たびと草鞋が店頭に並んでいます。

イメージ 12

イメージ 13
今日はよく猫ちゃんに出くわします。美形の猫ちゃんです。

イメージ 11

次に亀崎駅、明治19年開業、当時から残る日本最古の現役舎だそうです。

イメージ 14

イメージ 15

最後に七本木池公園の桜並木です。春真っ盛り、ついこの間まで「桜の開花はいつでしょう。」と言われていたのに、時の流れは速いものです。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

あおいパーク

昼食にウナギを食べた後、隣町碧南市「あおいパーク」へ行ってきました。

ランの花が格安で売られているここ「あおいパーク」ですが、今回は買い物せず温室を見学してきました。

まさに春真っ盛りの光景、綺麗な花々が見事に咲き誇っています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
ギャラリー
  • 小原・四季桜まつり
  • 4K京都の紅葉30選・ドローン空撮東福寺の紅葉
  • 4K京都の紅葉30選・ドローン空撮東福寺の紅葉
  • 日本の紅葉40選・4K
  • 今日の午後散歩
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
アーカイブ
  • ライブドアブログ