泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

ミーミーラン美術館

焔仁(ほむらじん)画伯の絵が届きました。

今日お昼に、今週日曜日に落札した焔仁画伯の絵が届きました。

さすが50号の大作です。小さな作品と異なり、迫力がすごいです。

しかも焔画伯独特のペンティングナイフで一気に描く気迫までもが感じられます。

改めて写真に撮ってみました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

誕生日プレゼント

一昨日ネットオークションで落札した中島義行画伯の絵が今日午後届きました。

いみじくも今日は私の誕生日、68歳になりました。

自分で買ってプレゼントはおかしいかもしれませんが、高齢者になっても現役、自分へのご褒美、少しは労のねぎらいがあってもいいのではないでしょうか。

ところで今回の中島作品、今まで収集した中島画伯がスペイン滞在された初期の作品含め9点になりましたが、今回の絵が最高傑作に思えます。

イメージ 1

ロシア人画家の絵が届きました

昨日の夜、木曜日に記事にしたロシア人画家ヴィクトール・ボロノフ画伯の絵が届きました。

イメージ 1

出来栄えは上々です。額縁もほぼ新品状態、やはり以前の所有者が購入後お蔵入りにしていたような気がします。

額縁から絵を取り出し調べてみるとオークションの掲載情報通りのサインや記録が裏面の木枠に書かれています。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

私見、やはり共産圏国家に共通する画材の粗末さが目立ちます。

木枠、キャンバスの布地、油絵具材質の悪さが多少気になりますが、描かれた絵画そのものはかなりの力作。

また壁に掛けて楽しんでおります。

不思議な絵が届きました

先週金曜日に落札した「不思議な絵」が今日午後に届きました。

画家名不詳、タイトルは「ドレスを着た婦人図」と記してましたが、いまいちピンとこないタイトル。

絵が到着し、箱から取り出して作品を確認すると、一番気になっていた画法が少し分かりました。

パネル板の上に、地塗りしてなめらかな肌にして、その上にアクリル絵の具で丁寧に描かれています。

金色に部分は金箔が貼られ、クリムトの接吻を思い起こさせる画風、今だ誰の作品か?分かりませんが、ただ者でないことだけには十分察し出来ます。

大化けするお宝かもと願うのは、貧乏コレクターの時期外れの初夢です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

色彩鮮やか、絵に傷みはありません。F8号サイズのパネル板の裏面に「aerial beacon]とマジックで記してある。

イメージ 5

aerial beacon?何の意味か調べてみると「航空標識」???これまた絵との関連が分かりにくいですが、ここに描かれた部分がこれを意味するのでしょうか。

イメージ 6

額縁は古くかなり多くの擦傷があり、絵を掛ける紐もついていません。表面のガラスを拭くとタバコヤニの黄ばみが取れます。

額縁の擦傷はアクリル絵の具の同色で修復し、部屋に飾ってみました。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

「ミニ・ジュープの少女」を額装

午前中に描き終えた「ミニ・ジュープの少女」を額装してみました。

というか、だいぶ以前に手に入れたアンティークな額縁です。

サイズがF12号、以前からこの額縁にどんな絵を描いて入れてみるか、長い間考えてキャンバスを用意していました。

そのことを忘れていて、F12号のキャンバスを新たに買い、この絵を描いたのですが、やはり気になりこの額縁で額装してみました。

イメージ 1

ギャラリー
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 午後散歩
  • 午後散歩
  • 博物館明治村
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 大阿闍梨酒井雄哉 不思議体験
アーカイブ
  • ライブドアブログ