泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

好きな画家たち

ピカソの自画像

一昨日のピカソのつづきです。

美術史上、自画像の画家としてレンブラントやゴッホが思い浮かびますが、実はピカソも数多くの自画像を残しています。

ピカソ自身「私は日記のように絵を描く」と語る。その意味で自画像は、もっとも内密にして素直な心情を告白しているようで興味を引く。

15歳の自画像の優作は将来への漠たる不安とともに、そんな屈折した心理が投影されている。
「ぼさぼさ頭の自画像」とも呼ばれるこの絵のピカソは14、15歳。少年のころは痩せていたにしても、ほかの自画像よりかなり面長に描かれている。

不安に満ちたところか気弱な表情も、見慣れたピカソのものとは違うように感じる。

イメージ 1

1899年から翌年にかけて、深い悲しみの気配と暗い色がピカソの画面を覆うようになる。
木炭で描かれたモノクロームの自画像。

イメージ 2

イメージ 3


1901年(20歳)の作品、青年期のピカソの自画像はいつも実年齢より大人びてみえる。
イメージ 4

イメージ 5


カリカチュア風自画像(1903年作)
いたずら者の猿が、画家の持ち物であるペンと絵筆を左右の耳にはさみ、なにかたくらんでいるようだ。
悪意やずる賢さ、機知や風刺精神に満ちたピカソの一面がここでは猿に重ね合わされている。
多面的な自我を持ち、それを変幻自在のスタイルで表現できる才能こそ、近代芸術家のなかでもピカソが最も際立つオリジナルな点であろう。

イメージ 6

文面は執筆者大高保二郎氏のまま掲載しております。

ピカソ

最近、デッサン会やクロッキー会に参加する機会を得た私ですが、明日も午後からのデッサン会に参加しようかと思っています。

ところで、20世紀最大の天才画家と称されるピカソ。彼の少年時代から美術学校で描いていた基礎学習であるデッサンの出来栄えは凄いですよね。

今日の午後、初めて豊橋中央図書館へ行き、気に入った本を借りてきました。その中の1冊に興味ある内容があります。

タイトルは「ピカソ 天才の誕生」2002年9月21日~12月8日の間、上野の森美術館で開催されたバルセロナ・ピカソ美術館展の展示紹介本です。

3年前にも「好きな画家たち」で取り上げましたピカソ、その時の記事はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/36056254.html

ピカソは1881年10月25日に誕生、ピカソ(8歳)と妹のローラ(4歳)の写真です。

イメージ 1

パリ定住間もない頃のピカソ 1904年、リカルド・カナルス撮影。

イメージ 2

ピカソ9歳の時のデッサン、1890年11月「ヘラクレス」

イメージ 3

ピカソ11歳の時のデッサン、1892年、石膏トルソの習作(ベルヴェデーレのトルソ)

イメージ 4

美術学校上級クラスの時のデッサン、1896年1月17日、裸体の写生習作(木炭、コンテ鉛筆)

イメージ 5

1896年、裸体の写生習作(黒鉛筆)

イメージ 6

1895~1896年、裸体の写生習作(グラファイト鉛筆、コンテ鉛筆、ペン)

イメージ 7

1895~1986年、5点の手の習作(コンテ鉛筆)

イメージ 8

1895~1896年、雑多なスケッチ(水彩、セピア淡彩)

イメージ 9

1895年、老人の肖像(油彩)

イメージ 10

1985年、裸足の少女(油彩)

イメージ 11

岡田三郎助

昨日の日経新聞の記事の「岡田三郎助」を読んで、改めて私は彼の絵に興味を抱いていたことを思い出しました。

有名な「あやめの衣」をはじめ沢山の写実人物像を描いた岡田三郎助ですが、新聞記事を読んでいて興味ある人柄に出くわすが、画家の顔が思い出せません。

インターネットで検索の結果若き頃と晩年の写真が見つかりました。

イメージ 1 イメージ 2イメージ 3

「支那絹の前」1920年帝展に出品したこの作品制作に、岡田は精魂込めて臨んだはずだ。しかしモデルを務めた画家の妻はこの絵のことに言及し、「主人はわたしをかくのが目的ではなくて、着物をかくのが目的なのです」こんな不満げな言葉を残したという。

モデルの八千代夫人のあまりうれしくなさそうな表情、その後二人の不仲が高じて、八千代夫人は家を出てしまったそうだ。

イメージ 4

これとは対照的に「あやめの衣」は一度見たら忘れられない素敵な絵です。
1927年作、新聞記事によるとこのモデルの女性は、銀座の裏通りの店のマダムだったそうだ。

「マダムのその堂々たる体躯は祖父がオランダ人であり、外国人の血の面影があるからでしょう。店を気に入って通ううちに、マダムは当時画壇の長老、岡田三郎助のモデルを、数年にわたってつとめたことを告白した。

イメージ 5

やはりこのマダムをモデルに描いたであろう作品を、地元のメナード美術館で2作品見たことがある。

イメージ 6

人物評として師匠の黒田清輝は、岡田の特色は「形よりも色に於いて勝るれて居る」と評した。岡田君は初めからこういう絵を描くこうと考えて掛かり、そしてそういう画になると、黒田は言っている。

そして岡田君は面倒臭いということを知らないとも評している。そういう緻密な絵であり、注意深く見なければその良さがわからない絵である。

また彼自身の言葉では、こうも語っている。

「油絵の本質は、どこまでもどこまでも突っ込んで行くところにある。体力のすべてを動員し、研究のすべてを尽し、修正に修正を重ねて完璧なものにするのが油絵である。そしてそれがためには断じて中途で挫折することにない強烈な意欲が必要なのである。」

「油絵の筆触には、油絵の具を充分伸ばすだけの腕力」そして「腕力よりも一層腰の力が大事だ」

「残るものは絵だけだよ。絵かきはそれで能(よ)いのだよ」

伊藤若冲

今、BSプレミアムの「極上美の饗宴 伊藤若冲・秘蔵のコレクション公開」という番組を見ています。

何とも興味を引く話題、

千枚とも言われる模写の日々。やがて、若冲は「絵から学ぶだけでは絵を越えることができない」と思い至り、目の前の対象(実物)を描くことで真の姿を表現しようとした。生き物の内側に「神気」(神の気)が潜んでいると考えていた若冲は、庭で数十羽の鶏を飼い始める。だが、すぐには写生をせず、鶏の生態をひたすら観察し続けた。朝から晩まで徹底的に見つめる。そして一年が経ち見尽くしたと思った時、ついに「神気」を捉え、おのずと絵筆が動き出したという。鶏の写生は2年以上も続き、その結果、若冲は鶏だけでなく、草木や岩にまで「神気」が見え、あらゆる生き物を自在に描けるようになった。

こんな熱意、情熱ある画家に対し私の模写などまだまだ、50点そこそこで満足していては駄目ですね。

がんばれミーミーラン!

イメージ 1

本物を描くには、本物以上に描かねば勝てない。

鴨居玲Ⅳ

日経新聞「美の美」鴨居玲の分身たち最後の編は1982年制作の大きな絵(181.6cm×259cm)「私」

イメージ 1

1984年作「出を待つ(道化師)」

イメージ 2

最晩年の1985年作「肖像」

イメージ 3

私が最も魅かれる絵の一枚です。
ギャラリー
  • 小原・四季桜まつり
  • 4K京都の紅葉30選・ドローン空撮東福寺の紅葉
  • 4K京都の紅葉30選・ドローン空撮東福寺の紅葉
  • 日本の紅葉40選・4K
  • 今日の午後散歩
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
  • 宮永岳彦画伯の絵が届く
アーカイブ
  • ライブドアブログ