泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

好きな画家たち

板谷房画伯

突然ですが、今朝の夢の話です。

板谷房という画家をご存知でしょうか?

イメージ 1

たまたまですが、夢に出てきました。そして「私の絵を模写しても良いよ」と許可が出た夢です。

板谷房画伯の一言がその後の私の人生の希望にもなりましたし、大きな影響力のあったお人です。

詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。


インターネットの世界は摩訶不思議な世界で、何と画家の甥っ子さんからコメントも頂戴しました。

そして今日改めてネットで検索していたら、1971年に亡くなられていたことを知り、私がお目にかかったのは1968年、画家が45歳の時でしたから、その余りにも短かった画家生命に無念さを憶えました。

今朝、改めて当時の画集を持ち出し、何を模写するか探してみたところ、わずかなカラー写真の画集の中から、これを描くことに決めました。

イメージ 2

クリムト

クリムトを見てきた影響で、書棚から古い雑誌を取り出してみた。

今は既に廃刊のようですが、1992年6月刊行の「MON ART」クリムトの生涯を紹介している。

イメージ 1

私は、弟子のエゴン・シーレは好きですが、風貌的にクリムトは助平そうでおぞましい画家だったのです。

ところが、最近私の頭髪もクリムトに似た形に進行中。チョット親しみを覚えて、助平そうなところがきっと似てるから、好きな画家たちに加えましょう。

イメージ 2

クリムトのミューズ、モデルとしてもよく登場するエミーリエ・フレーゲ

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ウィーン大学大講堂の天井画「法学」

イメージ 6

「ユディト」 オーストリア美術館蔵

イメージ 7

誰しもが知っている「接吻」 オーストリア美術館蔵

イメージ 8

磯江毅

今日午前のEテレ「日曜美術館」で磯江毅を放映していました。(来週日曜日の午後8時から再放送)

美術好きの皆様の中には、ご覧になられた方々も多いことと思います。

磯江画伯のことは写実画家として一目置いていて、記憶にはあったのですが、3年ほど前に書店でこの画集に出会い購入し正確な情報を得て、つくずくすごい画家だな~と思いを募らせていました。

2007年53歳の若さで亡くなられてことは残念なことですが、精いっぱい写実画に精進され、独自の世界を絵画に導き出された素晴らしい画家でしたね。

画集からのスキャンですが、ここに掲載いたします。

画集「磯江毅/写実考」 2009年 美術出版社発行

イメージ 1

1993年ころのご本人

イメージ 2

1976年デューラーの模写画2作

イメージ 3

イメージ 4

1979年ウェイデンの模写画「聖母子」

イメージ 5

1993~4年「新聞紙の上の裸婦」

イメージ 6

1980~1年「横たわる裸婦」

イメージ 7

1983年「シーツの上の裸婦」

イメージ 8

2006~7年「バニータスⅡ」

イメージ 9

ピカソ 家族の肖像

昨日ブログ記事にしたピカソの父、ホセ・ルイス・ブラスコは、長身痩躯の色白で、その風貌や好みのために友人からは「イギリス人」と呼ばれていた。

母マリア・ピカソ・ロベスはホセとは対照的に、小柄で黒い瞳、浅黒い肌という典型的なアンダルシア人の容貌をしており、パブロにもそれは受け継がれた。

母のスケッチ 1895、1896年(ピカソ14、15歳頃)
下の絵に書かれた文字Mi primer intento de acuarela(ぼくの初めての水彩の試み)と読める。

イメージ 1

イメージ 2

母の肖像が父や妹に比べて少ないのは、家事で忙しくてポーズをとる暇がなかったためだと思われる。
バルセロナ・ピカソ美術館が所蔵する膨大なデッサンの大部分は、母が大切に保存しておいたものである。

ピカソの三つ年下の妹ローラもお気に入りの、また日常的にポーズしてくれる唯一の若い女性モデルだった。

<文面は執筆者大高保二郎氏のまま掲載しております。>

人形を持って座るローラ  1895年(ピカソ 14歳)

イメージ 3

画家の妹ローラの2点の習作 1897年頃

イメージ 4

画家の妹ローラ 1898年

イメージ 5

画家の妹ローラ 1899年

イメージ 6

イメージ 7

画家の妹ローラほかのスケッチ 1900年

イメージ 8

 

ピカソ 父の肖像

まわりにいる人やものをなんであれスケッチするのが、ピカソの幼い時からの習慣だった。

画家で美術教師だった父、ホセ・ルイス・ブラスコはピカソにとっても最初の絵画の師であった。自分をはるかに凌ぐ才能を息子パブロに見出した彼は、パブロを画家としての将来の為にさまざまな手を尽くし、また、自ら忍耐強く写生のモデルをつとめた。

1895.1896年 ピカソ15歳の頃の父のデッサン

イメージ 1

イメージ 2

ほとんど青一色の水彩によって描かれ、濃い背景から細長い横顔の輪郭が白く鮮やかに浮かび上がってくる。
1896年頃の父の肖像作品3点

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1899年頃(ピカソ18歳頃)の父のデッサン

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

文面は執筆者大高保二郎氏のまま掲載しております。
ギャラリー
  • 芸術の秋
  • 芸術の秋
  • 芸術の秋
  • 芸術の秋
  • 芸術の秋
  • 芸術の秋
  • 大須商店街
  • 大須商店街
  • 大須商店街
アーカイブ
  • ライブドアブログ