泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

画家たちのいい夫婦・・・

いい夫婦・・・モディリアーニ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

「いい夫婦・・・モディリアーニ」と題した、このアメデオ・モディリアーニ(1884年7月12日生れ)とジャンヌ・エビュテルヌは、1916年12月30日出会い、その時に描いたスケッチが残されている。

その翌年に同棲生活を始め、1918年11月29日に南仏ニースで長女が誕生している。正式に結婚、入籍関係だったかはともかく、モディリアーニが35歳の若さで結核性脳膜炎のため死去するまでの約3年半の夫婦生活。

彼が病死の2日後の早朝5時頃、妊娠8ヶ月だったジャンヌは実家のアパルトマンの窓から身を投げた。(享年21歳)余りにもはかない彼女の一生。

映画「モンパルナスの灯」では、ハンサムで定評のモディリアーニをジェラール・フィリップが演じ、ストーリーはご存知の方も多いのではないかと思いますが、私は「画家のいい夫婦関係」として今日のブログに掲載いたします。

モディリアーニはジャンヌと知り合う前にイギリスの詩人ベアトリス・ヘイスティングスと同棲生活しており、元来病弱な体質にも関わらず、酒と麻薬におぼれた退廃的な生活が、芸術家の生き様として同情を呼んでいるところもみられる。

女性遍歴が多いようにも思われているが、私は案外「真面目な男」と共感します。ヌードの絵画も多くあるので、女性にふしだらな男と思われがちだが、本(モディリアーニの恋人 新潮社発行)にはこんな記載がある。

★ヌードデッサンは絵画修業の基礎ですから、フィレンツェの教室でもやっているんですが、油絵として描くのは1916年から。

この年に知りあった画商のズボロフスキーが、肖像画ばかり描いていたモディリアーニを裸婦の連作で売り出そうとしたんですね。

彼は基本的に恋人の裸は描かないとされていて、しかしプロのモデルを雇う余裕はなかった。そこで、ズボロフスキーが用意したモデル(娼婦)を、非常な集中力をもって描くんです。★

モディリアーニの時代、表現の自由称しても、陰毛のある絵画を公の場で展示されるのは、ワイセツ物扱い。個展会場で警察の目を引いてしまい、取り外しを命じられたりされる時代のことで、おおかたこんなモデルを描いていた彼を、女たらし風にイメージされたのだろう。

モディリアーニが愛しいジャンヌを描いた絵画をご覧いただくと、彼の深い愛情を感じるのではないでしょうか。
最後に、ジャンヌがモディリアーニを思っての後追い自殺に触れないわけにはいかない。
いまどき流行らないかもしれないが、愛情表現に命をかけてまでも・・・。
彼の死後、後追い自殺したジャンヌの気持ちはどれほどの想いだったのか。本文には「妊娠中にはやや嫉妬深くなったようだ」とも記されている。

いい夫婦・・・熊谷守一

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ご夫妻の仲の良さは、奥さまの表情から察することができると思います。

一番上の写真をご覧下さい。自分の肖像画を嬉しそうに見せる奥さまの表情、
1918年作、奥さまが20歳で、結婚前の時の絵の写真は最高ですが、
実際の結婚生活は、極貧の中で始められたという。

収入30円、家賃30円。次々と生まれた子供も身体が弱く、熱を出しても、
病院へも行けなかったらしい。

奥さんはむろん、周囲の人も「絵を描いて稼いでください」と言ったが、
熊谷は「たしかに、それは言われる通りなのです。しかし何度もいうようですが、
あのころはとても売る絵はかけなかったのです」(へたも絵のうち)と記しておられる。

熊谷守一1880年4月2日~1977年8月1日 享年97歳
秀子夫人1898年    ~1984年6月1日 享年86歳
お二人とも長寿である。特に熊谷に至っては97歳、肺炎のため亡くなったが、天寿に近い。

二人で将棋や囲碁を楽しんだり、何をするにも二人一緒で、本当にいい夫婦ですね。

いい夫婦・・・宮本三郎

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

今日は、文枝夫人の「夫を語る」の文章に現実の宮本三郎像が見えるので、一部分を抜粋して記しておきます。

男らしい、女々しいところはなく良い人でした。他人には優しく、自分には厳しいというのが、主人のモットーでした。

家族の中でも何かと思いやりのある人でした。子供を叱ったこともありません、専ら私がガミガミ言っていました。

毎日の生活で制作の手を休め夫に戻るのは昼食と昼寝の時間、それに夕食後くらいで、夜はゆっくりテルビでも見るといった繰り返しでした。
食事にしても特に注文するということは昔からありませんでしたし、気が楽でした。

主人は誠実な人でしたから、どんな日でも絵筆を持つということを信条として、自分に厳しく言い聞かせていました。

主人は晩年によく「人間を描くことに生涯を賭けたい」と言っていました。

よく円熟期の作品ということを言われますが、ある時、娘が遊びに来て珍しく主人と話し込んでいる時「最近、絵を描くのが非常に楽しく、明日が待たれないくらい待ち遠しくて、寝ていられないくらいだよ」と語っていたそうです。

主人は「自分はリアリストであり、一生変わらない。あくまでリアリストとしての仕事を深く掘り下げていく」と言っておりました。

花も沢山描いていますが、主人は「花を描くときは本当に楽しい。自分を許してかかれるから、自分としてはこんな楽しいことはない」と言っていました。
まあこれは私の想像ですけれど、花の色の美しさを描いていくうちに舞妓の衣裳の色彩を連想して描いていたのではないでしょうか。

最後の文枝夫人の一言が、宮本夫婦の「いい夫婦」関係を表現しているように思います。

いい夫婦・・・バルテュス

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

バルテュス(Balthus 本名:Balthasar Klossowski de Rola, 1908年2月29日 - 2001年2月18日)は、20世紀のフランスの画家。

ポーランド貴族の出身で母親はユダヤ人。また実兄のピエール・クロソウスキーはマルキ・ド・サドの研究者として著名な作家である。

バルテュスは、20世紀のもっとも優れた人物画家のひとりに数えられる。

ほとんど独学であった彼は、ルーヴル美術館で古典絵画の巨匠たちの作品を模写したが、なかでもピエロ・デラ・フランチェスカの影響が大きいとされる。

古典を消化した、堅固な構成と繊細な描法でモニュメンタルな女性、少女像を多く描いた。

1937年にアントワネット・ド・ワットヴィル(Antoinette de Watteville)と最初の結婚をし、息子スタニスラス(Stanislas)をもうけるが、後に離婚。しかしこの先妻とは生涯友人であり続けた。

息子であるスタニスラス・クロソウスキー・ド・ローラは、後にバルテュスの作品集出版に当たって執筆を担当している。

1962年、パリでの日本美術展の選定のために訪れた東京で、当時20歳だった出田節子と運命的な出会いをし、1967年に結婚した。

節子夫人も画家であり、二人の間には1973年に誕生した娘春美(ハルミ・クロソフスカ=ド=ローラ、ジュエリーデザイナー)がいる。

節子夫人のプロフィールはhttp://www.shinchosha.co.jp/book/602135/に詳しく紹介されています。


勝新太郎はバルテュスの山荘に招かれ、居合い抜きや三味線を演奏したことがある(ドキュメンタリー映画「バルテュス(原題:Balthus the Painter)」監督:マーク・カイデル)。

ピカソのいい夫婦・・・?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ピカソの女性関係は、一般の男性にとって羨ましい存在ではあるが、それ故に苦闘も多く、独占欲の強いピカソは、心境を絵にぶちまけた時代もある。

今日は、そんな中で最後の夫人ジャクリーヌとの甘い生活のスナップを紹介します。

画家としての作品に向かう厳しさとは別人の人間ピカソが見られて、微笑ましい。



参考文章「ピカソの生活」

ピカソは仕事をしているとき以外には、一人でいることができなかった。パリでは、モンマルトルの洗濯船やモンパルナスに住む芸術家の仲間、アンドレ・ブルトン、ギヨーム・アポリネール、ガートルード・スタインらと頻繁に会った。

正式な妻以外にも何人かの愛人を作った。ピカソは生涯に2回結婚し、3人の女性との間に4人の子供を作った。ピカソがパリに出て最初に付き合ったのはフェルナンド・オリヴィエだった。

富と名声を得たピカソは、つぎにエヴァという名前で知られるマルセル・アンベールと付き合った。ピカソは彼女を讃えるために、作品の中に「私はエヴァを愛す」(J' AIME EVA)、「私の素敵な人」(MA JOLIE)などの言葉を書き込んだ。しかし彼女は癌を患い、1915年に亡くなった。

1916年、ピカソはセルゲイ・ディアギレフ率いるロシア・バレエ団の舞台美術を担当した(ジャン・コクトー作『パラード』)。そこでバレリーナのオルガ・コクローヴァと知り合い、1918年に結婚した。

オルガはピカソをパリの上流階級の社交界に引き入れ、ブルジョア趣味を教えた。ふたりのあいだには息子〈パウロ〉が生まれた。ピカソははじめのうちこそ妻に調子を合わせていたが、しだいに生来のボヘミアン気質が頭をもたげ、衝突が絶えなくなった。

1927年、ピカソは17歳のマリー・テレーズ・ワルテルと出会い、密会を始めた。ピカソはオルガと離婚しようとしたが、資産の半分を渡さねばならないことがわかり、中止した。

ピカソとオルガの結婚は、1955年にオルガが亡くなるまで続いた。ピカソはマリー・テレーズと密会を続け、1935年に娘〈マイア〉が生まれた。

またピカソは1936年から1945年まで、カメラマンで画家のドラ・マールと愛人関係をもった。彼女はピカソ芸術のよき理解者でもあり、『ゲルニカ』の制作過程を写真に記録している。

1944年、ピカソは若い画学生フランソワーズ・ジローと付き合い始めた。そしてクロードとパロマが生まれた。しかしフランソワーズはピカソの嗜虐趣味と浮気癖に耐えかね(註・彼女の主張による)、1953年に2人の子を連れてピカソのもとを去り、他の男性と結婚した。このことはピカソに大きな打撃を与えた。

しかしピカソはすぐに次の愛人ジャクリーヌ・ロックを見つけた。彼女は南仏ヴァロリスの陶器工房で働いていたところをピカソに見そめられ、1961年に結婚した。しかし、これにはピカソのフランソワーズに対する意趣返しという目的が隠されていたといわれる。

当時フランソワーズはクロードとパロマの認知を得る努力をしていたので、ピカソはフランソワーズに「結婚を解消すれば、入籍してあげてもいい」と誘いかけた。これに乗ってフランソワーズが離婚すると、ピカソはすでにジャクリーヌと結婚していた。

このころピカソは、ジャン・コクトー監督の映画『オルフェの遺言-私に何故と問い給うな-』(1960年)に、自身の役でカメオ出演している。

なおピカソの死後、マリー・テレーズとジャクリーヌ・ロックは自殺している。
ギャラリー
  • 世界で一番長い単語
  • 世界で一番長い単語
  • 世界で一番長い単語
  • 世界で一番長い単語
  • 駿府博物館開館50周年
  • 駿府博物館開館50周年
  • 駿府博物館開館50周年
  • 昭和日常博物館
  • 昭和日常博物館
アーカイブ
  • ライブドアブログ