泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

鉛筆画・パステル画

デッサン・クロッキー会

祝日の今日は、予定通り午後からのデッサン・クロッキー会に参加してきました。

会場は名古屋市芸術創造センターの6階大会議室、生徒さんは総勢20名強でしょうか?はっきり数えたわけではないですが、こういう会は大勢の方が何となく良い感じ。

休憩時間に、お茶やおつまみのお菓子や飴、チョコが出てくるところに主催者の優しい心が感じられ嬉しい。

ところで私の作品の出来栄えは・・・・?

今回のクロッキー、1ポーズ時間が3分、焦る焦る・・・トホホです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

こちらの会では、クロッキーのモデルさんと固定ポーズのモデルさん2人が並んでくれているので、好きな方を選んで描け、興味ある場面をセレクト出来て嬉しい。

着衣の固定ポーズの作品はこちらです。

イメージ 8

イメージ 9

クロッキー教室

昨日の午後は「ランの館」で時間つぶし、午後6時から午後8時半までは楽しみな「クロッキー教室」です。

昨日は男性2名、女性1名のモデルさん。いろいろ趣向を凝らして企画してくださる主催者に感謝です。

5分ポーズの繰り返しですが、本音はもう少し時間がほしい。無我夢中で時間との戦いで集中、終わった後は爽快感が・・・。

昨日の主な作品の出来栄えです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

たまには予習を・・・

明日は「11月クロッキー会」の日、少しはマシなデッサンを描けるようにと予習してみました。

実物を見て描けることが最も良いのでしょうが、現状では叶わぬ夢、他人のデッサンや写真集を見て描いてみました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

新たな藤田作品発見

今日の日経新聞夕刊の文化欄にこんな記事が載っていた。

「洋画家の藤田嗣治が描いたフランスのシャンソンの人気歌手ダミアの肖像画が国内で見つかった。第2次大戦を挟んでヒットした「暗い日曜日」を収めたレコードのジャケット原画だ。」

イメージ 1

藤田には珍しい木炭による肖像画がダミアを描いたものであることが分かったのは、この夏のことだ。

1年ほど前に東京でこの絵を購入し、保管していた美術商が、数ヶ月前に改めて見ていたところ、額縁の中から日本人に宛ててフランス語で書かれたダミアの署名入りの手紙が見つかった。

翻訳すると、藤田が見た「暗い日曜日」などダミアの歌10曲を収めた25センチLPアルバム(仏FMI社)のジャケットの図柄と一致した。

所有者は東京美術倶楽部の鑑定でこの絵が藤田の直筆であることを裏付け、ジャケットの原画であることが明らかになった。

デッサン会

デッサン教室、行ってまいりました。

名古屋市東区の東区生涯学習センターで午前9時半から午後3時半までの午前と午後の2部をデッサンの時間として過ごしてまいりました。

主催はannexデッサン会、今回初めての参加ですが、主催者の方々と話をしてて、是非この会を盛り上げる意味でもブログで紹介しても良い承諾を得ましたので、ご興味のある方はこちらのホームページをご覧いただき、是非ご参加ください。


関連したホームページに名古屋ROJUEもございます。

こちらのホームページは http://nagoya-rojue.com/index.html

絵画の基本である人体デッサンを経験する機会はそうそうざらにはないでしょうが、こちらの教室は私が経験したカルチャー教室の中では、リーズナブルでありながらも、かなり白熱した真面目なカルチャー教室。

ご興味を持たれた近郊の絵描き仲間の皆さま、ご参加ください。私もこれから機会があるごとに参加する予定です。

さてさて、今日の作品の出来栄えは?????

午前9時半開始の20分ポーズが5回繰り返され、午後も1時から3時20分までの延べ200分、本当にモデルさん、お疲れさまでした。

私は午前中はクロッキー帳に描いていましたが、ご参加の他の方々は木炭や鉛筆でデッサンを続けておられる様子を見て、午後は大型画用紙を頂き、コンテで着色デッサンを試みました。

イメージ 1

イメージ 2

人間をデッサンする

今月の8日にクロッキー教室へ行った記事を先に投稿しましたが、今月30日(日)に再び裸体デッサン教室に出かける予定です。

クロッキーも20年ぶりに挑戦してみたのですが、どうもいまいち。あまりへたくそでは今度のモデルさんに申し訳ないから、少し予習をしなくてはと古い雑誌を出して読み返しています。

画家それぞれに見方、描き方、想いが綴られていて参考になります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

クロッキー教室

先月、たまたま検索でいろいろ探っていたら、「クロッキー教室」の開催の記事に出くわし、早速に申し込んでみました。

先の連休初日の8日(土)の午後6時から二時間半、名古屋市東生涯学習センターでの開催でした。
私にとって、20年ぶりのクロッキー学習。久しぶりに味わうワクワクドキドキ感で、ここに初めて参加しました。

生徒さんは12人ほど、男性と女性の交互にポーズをとっていただき、1ポーズ5分、着衣に関しては7分の時間をいただきますが、やはり不慣れなクロッキー、時間が足りません。

決して満足のいく出来栄えではありませんが、記念にここに掲載いたします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

20年前の作品はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/34256897.html

鴨居玲の絵

今日の日経新聞「美の美」に、「鴨居玲の分身たち」と題して記事になっていました。
私の好きな画家の一人です。

私のアトリエに飾ってある鴨居玲の絵はこちらです。

イメージ 1

本人の作品を手に入れることは私には不可能なことなので、この自画像ともとれるパステル画の道化師像をコピーし額に入れて飾っています。

鴨居玲画伯の関連記事で、マイコレクションの中に、彼に師事した李画伯の作品紹介の最後に記事があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/42943564.html

オリジナル絵画

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

いずれも1997年8月、中国の杭州で描いていた作品。

私の作品の中ではあまり多くないパステル画です。

ついつい作画の年代で、思い出してしまうのですが、

私は、単身赴任という恵まれた条件のもと日中友好親善準備中。

かぐや姫と出逢う1か月前で、「恋の予感」なのかこの頃、

雑誌のモデル写真を見て、スケッチしてたこれら作品です。

この1ケ月後に、月から僕のかぐや姫が舞い降りてくるんです。

オリジナル絵画

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

アラ、こんな絵も描いててたの?てな感じの鉛筆画。

ほとんどイラストの分野に入れた方がいいのではないでしょうか。

はたまた、理想の女性でも捜してたのかな・・? かな・・??


1993年は、翌年から中国へ単身赴任、ホテルの責任者として

派遣される話を、具体的に煮詰め準備中の時間だった。

年齢42才で、長年携わってきたサービス業の集大成とも言える

ホテルの管理責任者の地位は、重責ではあるが一度は経験してみたかった職責。

5年間勤務していた広告代理店とも当初の予定よりも3ケ月延長勤務して円満退社し、

その後、名古屋の老舗ホテルで約1か月間研修をして、次に係わる仕事の準備に取り組む。

その間には、日中合弁会社日方の岐阜にある本社での打ち合わせや会議に出席したり、

また当時合弁ホテルから派遣されいた中国人研修生6名と本社の子会社のラドン温泉施設で

行動を共にし、中国へ赴任した時の有力な味方の人材にと、余念のない多忙な1年でした。

この時点で、もう絵描きの夢は捨てよう。ついでに日本も捨てちゃおうと思ってた時期でした。
ギャラリー
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 大縣神社梅まつり
  • 国府宮はだか祭
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
アーカイブ
  • ライブドアブログ