泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2021年12月

只今、制作中

本日のアンティークドール6の出来栄えです。

20211230_151106

20211230_151133


宮永岳彦画伯の絵が届く

今日お昼に、27日に落札した宮永岳彦画伯の絵が届きました。
実はこの絵を見た瞬間に、もし手に入ったら額縁をもっと豪華な額に変えて展示しようと考えていました。

20211230_113114

20211230_112759

届いた作品の木製額縁も悪くわないが、自分のイメージとして今まで目にしてきた宮永作品は、豪華な金縁の大きな額縁に絵が似合う。
自分が今持っている芝田米三画伯の人形の絵の額縁に入れ替えてみました。

20211230_142859

ここで少し宮永岳彦画伯について、1990年2月に松坂屋名古屋店で開催された「宮永岳彦展」で購入した図録から資料写真を撮影しました。

20211228_084848



経歴
  • 1919年2月20日 静岡県磐田郡にて出生。
  • 1931年 名古屋市立工芸学校入学。
  • 1936年 松坂屋名古屋本店入社。
  • 1942年 第29回二科展に初入選。
  • 1946年復員。松坂屋銀座店宣伝部勤務に。
  • 1972年 二紀会理事に就任。
  • 1074年 秦野市功労者表彰受賞。
  • 1979年 日本芸術院賞受賞。
  • 1986年 二紀会理事長就任。 紺綬褒章受章。
  • 1987年4月19日 消化管出血で死去、勲三等瑞宝章受章。
20211230_115616

20211230_115556

1974年(昭和49年)宮永岳彦はブラジルの日伯文化協会の依頼で当時の皇太子と皇太子妃(現在の上皇、上皇后陛下)の肖像を描いた。いずれも60号の大作。

私は宮永画伯の作品の中で1971年から1976年に描かれた絵が好きです。
今回入手した「婦人像」も同じモデルを使ったこの年代の作品だと思います。

20211230_115259

20211230_115324

1976年からは華麗な舞踏会風の衣装でより華やかな絵画に移ります。

20211230_115511

今回こだわった額縁ですが、宮永絵画の画像を検索していて、私が入手した木製の額縁に入った絵画も2点ほど見つけましたが、やはり金縁の豪華な額縁が似合いそうです。
参考写真としてご覧下さい。

2-94-484_01-580x700

16-13608_0

36682_1

276204

az090_01

i-img530x600-1632734803exe2j1812061

i-img537x600-1619409374ujacwf344371

miyanagasyukuf801


午後散歩

今日は暖かい日差しの午後、昼食後の近所散歩です。
日当たりのよい場所の水仙がもう咲いています。その他出会出会った花々と野外猫。
この猫、メインクーンでしょうか?長毛のフワフワ毛並み、きっと飼い猫だったに違いありません。
とても人懐っこい雌猫です。

20211229_134123

20211229_134217

20211229_134259

20211229_142806

20211229_143530

20211229_143537

20211229_143540

20211229_143545

20211229_144551

20211229_144625


只今、制作中

今日はアンティークドール6の表面がようやく乾いてきたので、ここにコントラストを付けるため、絵の具を油で溶いて薄塗りしています。
只今の出来栄えです。

20211229_112722 - コピー

20211229_112729 - コピー

只今、制作中

本日の制作状況です。

20211228_144351 - コピー

20211228_144458 - コピー
ギャラリー
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
アーカイブ
  • ライブドアブログ