泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2018年04月

ミニトラベル 富士山

今日のミニトラベルは富士山です。昨晩から考えていて、天候が悪くなる水曜木曜の前に富士山を見に行こう。

ゾロが深夜に2回、そして午前4時またもや鳴くので目が覚め、いっそこのまま起きて出かけることにしました。

家を朝4時半に出発、国道1号線をひたすら走り、静岡市の日本平あたりから富士山を眺めて見るつもりでしたが、あいにく静岡市からは富士山が見えませんでした。

さらに走り、「富士市まで行けば何とか見られるだろう」富士川を過ぎたあたりから綺麗な富士山が見えました。

いつも富士山を拝められる土地に住んでいる人々は、常に見られない我々の何倍も徳した人生を送っている事にジェラシーを感じます。

その冨士山が見られた事に興奮し、走行中にも撮影したくなります。本当に綺麗な富士山、感激です。本日の撮影第1作です。

イメージ 1

そして最初に訪れたのは白糸の滝、何年か前に訪れた特は、歩道の整備中で滝の傍まで行くことが出来ませんでした。今日はすぐ傍まで足を運び、更に展望へも足を運び新緑の木々と富士山です。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

富士五湖めぐりは何度かしましたが白糸の滝近くの田貫湖、まだ一度も行ったことがないので、その方向に車をまわしました。

道中、綺麗な光景に出くわし撮影しました。

イメージ 5

そして田貫湖、ずいぶん山道を登ったところにあり、キャンプ場には多くの方々がテントを張って、休日を過ごしておられます。

湖と富士山、綺麗な光景です。

イメージ 6

イメージ 7

ゾロを抱いて散策中の私に興味を持たれたママさんに、撮影してもらいました。

イメージ 8

途中のパーキングで休憩、昔のドライブインがイメチェンでしょうか、様相を変えた広々とした楽しげな雰囲気に変わっていました。

イメージ 9

イメージ 11

更に先の本栖湖へ行くつもりでしたが、途中で大渋滞にあい、朝霧高原で急遽Uターンして午後12時半帰ることにしました。

出かける途中の坂道を登るときにエンジン警報ランプが付き、相変わらず調子の悪いプジョーですが往復約500キロ、何とか持ちこたえたくれました。

午後6時半、まもなく半田市に到着前の衣浦大橋から綺麗な夕日が見えました。早朝4時半出発から14時間が経過、名古屋から上海間飛行機なら3往復位出来たかなと思いながら冨士(ふじ)から無事(ぶじ)帰れたことに感謝。

イメージ 10


ミニトラベル 半田市

今日はゆったり過ごす予定、風が爽やかで快晴の日曜日、自転車で買い物ついでに市内の要所を訪れてみました。

まず最初に半田運河沿いに立てられた鯉のぼりの光景です。

イメージ 1

そして、隣接する「萬三の白モッコウバラ」の小栗邸です。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

昨年もこの時期に訪れブログ記事にしています。

そして次に赤レンガ建物へ、昨日から「春のドイツ祭り」と芝生広場で「苗木まつり」を開催中、多くの市民が集まっていました。

イメージ 6

イメージ 7

今日のZorro

最近気に入っているある画伯の絵をオークションで入札しようと遅くまで起きていましたが、ちょっと予定価格よりオーバー、誰が落札するか様子見です。

さて、先ほどまで蛇のネコじゃしで遊びくたびれた、今夜のZorroです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ミニトラベル 東濃方面へ

相変わらずエンジン警報ランプがつき、走行中不安なプジョー、一昨日プジョーディーラーへ行って原因を確かめたく、検査費用を出費して分かったことは、相当に部品を交換しなければならなく、その部品代と工賃で30万円強かかると分かり、販売店のある小牧市へ朝一番で出かけました。

イメージ 22

とりあえず応急処置を施し、車の走行を慣らすために200キロ近くテスト走行をしました。

久しぶりに国道19号線を走り、最初に多治見市の古渓山の永保寺へ行ってきました。

イメージ 1

次に、古渓山ふもとにある男子の修道院へ、厳かな雰囲気の修道院の中、撮影禁止のため紹介できませんが、こんな立派な修道院です。広大な敷地にはブドウ畑があり、儀式用のワインを製造しています。

イメージ 2

イメージ 3

さらに国道19号線を北上し、恵那峡へ行ってみました。そして遊覧船に初めて乗り           30分間の大井ダム湖の奇岩や新緑の景色に気持ちの良い時間を過ごしました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 このダムを作った福沢桃介の銅像と貞奴のレリーフが公園内の高台にあります。

イメージ 10

時間が午後2時過ぎ、非日常生活を体験したくて出かけたドライブですが、ここまで来たら、さらに足を延ばし馬篭、妻籠まで行こうか迷いましたが、時間的に半田へ帰ったほうが良いと思い、岩村から明智方面を選び帰路に着きました。

その岩村がこちらです。女城主岩村城で有名な所です。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

岩村から明智に向かう途中、私が心に描いていた日本的な山村風景に出くわしました。道路端に車を停め、撮影しました。田んぼには水がはられ、カエルの鳴き声が聞こえます。
もうすぐ田植えが始まるのでしょう。

イメージ 15

そして最後に大正村として名高い明智へ、大正期の古い建物が沢山残っていて、観光地化に努力している場所です。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

久しぶりに200キロ近い走行、非日常生活を実践、帰路の途中豊田市で体を労わり、午後5時過ぎのまだ明るい夕方、日帰り温泉に浸かりませた。

さて、明日はどちらへ出かけましょうか?



今日のZorro

今日のZorroです。

今日は1週間ぶりにシャンプーをし綺麗になったところです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

世界最大豪華客船が名古屋へ

今日何となく豪華客船を見たいな~、と思いネットで名古屋港入港情報を見たら、クァンタム・オブ・ザ・シーズが午前10時名古屋港へ!

イメージ 1

高速道路で一路名古屋港へ、でも変?名古屋港のカーデン埠頭には何も無い。ポートビルの受付で聞いてみたら、「ここではなく、金城埠頭ですよ。」と言われ、早めの昼食を済まし、金城埠頭へ行きました。

イメージ 2

イメージ 3

さすがにでかい。世界最大豪華客船、調べたら総トン数168666トン、全長347,1m、全幅41mのスケール、これではガーデン埠頭横付けは無理でしょう。

近くへは関係者以外寄り付けず、近くの駐車場も関係者車両しか無理。仕方なく周辺を走り回り、ようやく撮影ポイントを探し当てました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


船内の様子、YouTubeからお借りしました。

今日のZorro

今日のZorroです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今日のZorro

本日寝る前最後のブログです。   いつもの今日のZorroですヨ。

イメージ 1

イメージ 2

この時間は既に自分のベッドで熟睡中、シャッター音で少し目を開けましたが、すぐに目を閉じて寝ています。

イメージ 3

深夜にいつも1時間ほど、Zorroに遊びをつき合わされえるので、私もここらで睡眠です。

尾張多賀神社

今日の午前中、以前から気になっていた国道247号線、常滑市にある尾張多賀神社へ行ってきました。

お多賀さんといえば多賀大社、滋賀県犬上郡多賀町多賀にある神社である。 ここの分社でしょうか。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

そして、隣りには冨士浅間神社、山神社が並んで祭られています。

イメージ 4

今日のZorro

今日の夕食後の散歩、Zorroと一緒に先回地面に傑作な作品を発見したあの公園です。

5,6歳くらいの女の子がパパに見守られて自転車の練習をしています。ベンチに座って様子を見ていると、自分も自転車の側輪をはずし一生懸命練習して、どうにか自分でペダルをこぎ自力で走れた喜びが蘇ります。

心で応援しながらついつい「いいよ、いいよ。頑張って!」と声が出てしまいます。

隣で3歳くらいの妹が猫を抱いている私に近寄ってきたので、Zorroを触らせてみました。怖じける様子も無く撫でてくれました。

パパは何か知らない外国語、子供たちは日本語で話しています。

そんな公園でのZorroです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夕方6時頃でもまだ明るく、今日は涼しく気持ちの良い時間、私は一年の内でこの時期が一番好きです。花々が咲き乱れ、花の良い香りもそよ風に揺られて漂い、空は青く空気もすっきり。
カラッとした良い天気が続きましたが、明日からは全国的に西の方から雨模様です。
ギャラリー
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 大縣神社梅まつり
  • 国府宮はだか祭
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
アーカイブ
  • ライブドアブログ