泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2017年06月

「ミーミーラン油絵作品展」無事終了

今日は「ミーミーラン油絵作品展」終了搬出日です。

最後に、今回の出品作26点を撮影し、スライド化してみました。

待望の絵が届きました。第3弾

今日は、杉本哲郎画伯のデッサン画が届きました。

きちっとした箱に入り、黄袋で包まれた高級感のある梱包です。

残念なことに石膏デッサンだからか、サインがありません。

額縁の裏板を外し、紙の裏面にサインか記録がないか確かめようと思いましたが、表装して裏板にぴったしくっついていて、それを確認することはできません。

ただ、裏板に哲郎筆1925年、杉本一郎と印鑑が押されています。

イメージ 1

杉本一郎さんは息子さんでしょうか?

制作年が1925年と言うことは、画伯26歳の時の制作です。

年表を調べてみると、杉本哲郎1899年生まれ、大正9年(1926年)京都市立絵画専門学校卒業ですから、卒業1年前の学校の課題で描かれたものでしょう。

イメージ 2

古い絵を受け取り、そこから絵にまつわる因果関係を探ることも、楽しみのひとつです。

待望の絵が届きました。第2弾

午後3時過ぎ、本日4回目の宅配便で、小松崎邦雄画伯のリトグラフが届きました。

オークションの情報で見た写真よりも、明るく鮮明な色彩を保っています。

送料よりも安く手に入れた掘り出し物、時々、こんな幸運も訪れてきます。

イメージ 1

イメージ 2

待望の絵が届きました。第1弾

午後2時過ぎ待望の絵、宮田融画伯の絵が届きました。

昨日、出品者から「本日発送、明日届く予定です。」とメール連絡があったので、午前中の早めに買い物を済ませ、昼前から待機していました。

本日最初の宅配便、他の商品の宅配便でした。2回目も他の商品の宅配便、そして3回目のヤマトさん、これが待ちに待った目的の作品が届いた宅配便でした。

逸る気持ちを抑え、箱を解き見た瞬間、やはり凄い絵だ。

凄すぎる絵、肩にかかる髪の毛の影まで描かれています。小品ながらその迫力で、実物が大きな存在に感じられます。

唯一、柱にあるフックにかけて飾ってみました。

イメージ 1

額縁の裏に化粧紙が貼られて、絵の裏面が見られませんが、3か所留め釘の跡があり、板に描かれたものと思われますが、実際高感度カメラで撮影された写真を見ているようです。

拡大鏡でガラス越しに見れば、写真ではなく実際筆で描かれたものと少し納得しますが、ミステリアスな絵です。

ここからは私のスマホ写真では無理なので、出品者の紹介写真をお借りします。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ミーミーラン油絵作品展

「ミーミーラン油絵作品展」の会期もいよいよ明日まで、30日は搬出です。

昨日、会場を訪れ記念に動画で撮影し、YouTubeに投稿した内容です。

ギャラリー
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 午後散歩
  • 午後散歩
  • 博物館明治村
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 大阿闍梨酒井雄哉 不思議体験
アーカイブ
  • ライブドアブログ