泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2016年11月

大道芸人3

今日午前中は大道芸人3です。

このシリーズ同様にやはりバックを暗くしてみました。

細部の描きこみですが、今日はここまで。

イメージ 1

イメージ 2

大道芸人2

今日は大道芸人2です。

ちょこちょこ雑用におわれながらの制作です。

背景のグリーンに黒で少し暗くし、人物が浮き出る感じを試み、細部を少し描いてみました。

只今の出来栄えです。

イメージ 1

島田章三画伯死去

今朝、洋画家島田章三の死去のニュースを見て、ブログ記事にするかどうか一日迷っていましたが、やはりここに掲載します。

私が高校1年の時、愛知県に県立芸術大学が名古屋市郊外にできました。

一応絵に興味を持っていた私ですから、「将来ここの大学に入学出来たらいいな。」位には思っていました。

島田章三画伯は、東京芸術大学時の恩師伊藤廉画伯のお誘いもあって、ここ愛知県立芸術大学で教鞭をとられ、のちには学長を務められた洋画家の第一人者。

名古屋では、丸栄百貨店で個展をされることが多く、若い時にお目にかかったこともあります。

背が高く、長い髪の毛、大きなメガネ、都会的なセンスある服装で凛とした立ち姿が印象的でした。

名古屋の高級住宅地にアトリエ兼ご自宅があり、洋風のご帰宅に欧州の高級車がガレージに停められていて、憧れの的でした。

島田章三画伯と同じく画家の島田鮎子先生のお写真

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

独特の画風、その影響は大きく世界的に活躍中の画家も多くいるようです。

こちらはEXPO2005愛知万博を題材にした「万博百景」

イメージ 4

いろいろ検索していて、島田画伯の詳しい経歴や若い頃の人となりを記事にした参考資料がありました。

ご興味のある方はご覧ください。


ご冥福をお祈りいたします。  (合掌)

ロシア人画家の絵が届きました

昨日の夜、木曜日に記事にしたロシア人画家ヴィクトール・ボロノフ画伯の絵が届きました。

イメージ 1

出来栄えは上々です。額縁もほぼ新品状態、やはり以前の所有者が購入後お蔵入りにしていたような気がします。

額縁から絵を取り出し調べてみるとオークションの掲載情報通りのサインや記録が裏面の木枠に書かれています。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

私見、やはり共産圏国家に共通する画材の粗末さが目立ちます。

木枠、キャンバスの布地、油絵具材質の悪さが多少気になりますが、描かれた絵画そのものはかなりの力作。

また壁に掛けて楽しんでおります。

聚楽園大仏

今日は用があって東海市まで出かけてみました。

今住んでいる所から約1時間半くらいですが、時間的束縛もない用なので、途中大府市の愛知健康の森で買い物をしてのぶらぶらドライブ。

用を終えた午後、東海市の観光スポット「聚楽園大仏」を見に行きました。

子供の頃に一度訪れた所、その後仕事で近くを通った時立ち寄った記憶があるのですが、今日訪れた印象は「よく整備された公園、市民の方々も多く訪れていました。」
それもそのはず、「しあわせ村」と名付けられた健康福祉の大きな公園と美化されていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

赤銅色したこの大仏、阿弥陀如来の大仏。
像高18.79mの鉄筋コンクリート製。1985年(昭和60年)に銅色に塗装し直されているので、見た目は銅製の大仏に見える。
かぐや姫の感想は第一声「ハンサムな大仏さんね。」

建立の経緯・歴史
1916年(大正5年)、名古屋市等中京地方で活躍していた実業家山田才吉が、聚楽園を開園する。その園内に「大正天皇御大典記念事業」として大仏建立を考え、一般の寄附を求める。しかし資金は集まらず、山田才吉が私費を投じ、「天皇陛下(昭和天皇)御成婚記念事業」として1923年(大正12年)着工。1927年(昭和2年)5月21日に開眼供養。
信仰としての建立ではなく、観光的な目的が強かった。当初は白毫にサーチライトが仕込まれ伊勢湾を照らしていた。また、体内を見学することができた。1938年には競売に出され所有者が変わり、1983年(昭和58年)に曹洞宗大仏寺の所有となる。1997年(平成9年)、聚楽園公園周辺は、しあわせ村として東海市が整備する。

小高い山の上に建つ大仏さんの周辺は秋模様、紅葉が綺麗に色付いています。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ヴィクトール・ボロノフ画伯の絵をゲット

今朝のメール「おめでとうございます!!あなたが落札しました。」

またまたネットオークションで落札してしまいました。

画家の名前は。ヴィクトール・ボロノフ、名前の感じでロシア人の画家と推察します。

サイズが約F12号(60cm×50cm)、タイトル「少女」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

説明に「本作は、旧企業蔵です。100万円で購入したと明記されています。」想像するにバブル期の絵画ブーム時に社会的現象でみられた投資作品の一作と思います。

おそらく飾られて人の目に鑑賞されることなく、お蔵入りのまま保存されていた絵画と推察します。

絵にも運命があるとは常々思うことですが、こうして私のような貧乏コレクターのもとへ寄ってくることも何かのご縁でしょう。

作品が到着したら、小さなミーミーラン美術館で展示したいと思います。

不思議な絵が届きました

先週金曜日に落札した「不思議な絵」が今日午後に届きました。

画家名不詳、タイトルは「ドレスを着た婦人図」と記してましたが、いまいちピンとこないタイトル。

絵が到着し、箱から取り出して作品を確認すると、一番気になっていた画法が少し分かりました。

パネル板の上に、地塗りしてなめらかな肌にして、その上にアクリル絵の具で丁寧に描かれています。

金色に部分は金箔が貼られ、クリムトの接吻を思い起こさせる画風、今だ誰の作品か?分かりませんが、ただ者でないことだけには十分察し出来ます。

大化けするお宝かもと願うのは、貧乏コレクターの時期外れの初夢です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

色彩鮮やか、絵に傷みはありません。F8号サイズのパネル板の裏面に「aerial beacon]とマジックで記してある。

イメージ 5

aerial beacon?何の意味か調べてみると「航空標識」???これまた絵との関連が分かりにくいですが、ここに描かれた部分がこれを意味するのでしょうか。

イメージ 6

額縁は古くかなり多くの擦傷があり、絵を掛ける紐もついていません。表面のガラスを拭くとタバコヤニの黄ばみが取れます。

額縁の擦傷はアクリル絵の具の同色で修復し、部屋に飾ってみました。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

岡崎東公園

昨日は雨の一日、近くの岡崎総合中央公園で開催中の「JAまつり」に出そびれたので、今日午前9時半から開催のこのおまつりを見てみました。

野菜高騰のさなか、少しでも安い青果はないかと探しましたが、白菜、高いです。

かろうじて一房16本付いたバナナ200円、パイナップル2個300円、リンゴ6個500円、椎茸1袋200円、えびせんべい4袋1000円、こんな買い物をしてから近くの岡崎東公園へ紅葉を見に行きました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

まだ少し早かった紅葉もありましたが、やはりこの1~2週間が見ごろでしょう。

ちなみに過去の岡崎東公園の紅葉記事はこちらです。


大道芸人2

今日は大道芸人2です。

イメージ 1

イメージ 2

大道芸人

今日は大道芸人です。

今の私も大道芸人気分、昨日大学と相談をした会社の担当者から「来年度、寮の継続契約が難しく、留学生寮の閉鎖することに話が決まりました。実質解雇もしくは他の仕事を探すように準備してほしい。」と話し合いがあり、昨晩からネットで新しい就職先を探しております。

ここ12年間だけでなく思えば各地、日本だけでなく中国で仕事もしました。

稼ぎ場所を求めて、あちこち移動しております。次の新天地はどこになることやら、天運まかせのいわば大道芸人です。

与えられたところで精一杯の仕事をしていれば、何らかの幸運もついてくることを信じて、残された数カ月を無事に勤め終え、新しい仕事にありつけることを念じています。

イメージ 1

イメージ 2

ギャラリー
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 大縣神社梅まつり
  • 国府宮はだか祭
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
アーカイブ
  • ライブドアブログ