泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2015年03月

両親の肖像

2か月半ほど手つかずだった「両親の肖像」を描きこんでいます。

前回記事にしたのが、1月15日。


只今の出来栄えです。

イメージ 1

宮田融画伯の絵をゲット

宮田融(とおる)と言っても聞いたことのない画家、インターネットで検索しても画家としては何ら該当者なしの方ですが、オークションでこの絵を一目見た途端、どうしても手にしたくなりました。

いつものようになけなしの少ない小遣い、予算は決めてオークションに参加するのですが、いつの間にか予算の2倍を超してしまいました。

しかしここで引き下がっては・・・、と思いさらに競り合って落札しました。

イメージ 1

イメージ 2

正直なところ、開封して目にするまで少々の不安がありましたが、開けてびっくり、予想以上の作品の出来栄えに大満足です。

こんな緻密な描き方、わたくしにはとてもまねができません。大好きな藤田嗣治画伯も面相筆で緻密な絵を多く描いていますが、それに劣らなほどの精巧な細密画です。

ただ、送られてきた額縁が古くまことにお粗末だったので、自前のF4号の額縁に入れて飾りました。

イメージ 3

以前に落札したアンティークドールの絵と並べて飾り、おいしくお酒を飲みながら眺めています。

イメージ 4

イメージ 5

春蘭開花

普段何も手を加えてなく、正直ほったらかしで外に出したままの春蘭。

今朝思い出し様子を見に行ったら、もうすでに開花していました。

イメージ 1

毎年春の始まりを感じるこの時期、「私を忘れないで」とささやいているように、ひっそり葉の色と同じ淡い緑色した小さな花です。

昨年の記事はこちらです。


普段、洋ランのカトレアや胡蝶蘭にばかり手をかけ、毎日の霧吹き、水やりを楽しんでいますが、継子扱いしてた春蘭に申し訳なく、お詫びする今朝です。

ダリの肖像

今日は「ダリの肖像」です。

だいぶ進んできました。全体の調子を整えながら、髪の毛を描きこんでみました。

イメージ 1

イメージ 2

三浦勝治画伯の作品ゲット

三浦勝治(1917年生まれ)

岐阜県関市ご出身の画家で、シルクロードを旅して描いた作品が多いです。

タイトルは「マラガの少女」と書いてありますが。この絵もシルクロードでの少数民族の少女がモデルでしょう。

小品ながら気に入ってオークションで手に入れました。

イメージ 1

「ダリの肖像」

今日のお遊びタイム「ダリの肖像」です。

イメージ 1

ぼちぼちというか、一年の内で一番忙しいこの時期、なかなか集中して描くことが出来ません。

でも少しづつでも描いていれば少しは進展しています。

イメージ 2

「ピカソの肖像Ⅱ」手直し

昨日は大学の卒業式、そして退寮生の引っ越しに、新入寮生の買い物の手伝いやらごたごた雑用に追われるここ数日、合間を探しての制作です。

「ピカソの肖像Ⅱ」手直しで、改めて今日の日付を入れ完成とします。

イメージ 1

イメージ 2

ダリの肖像

今日も「ダリの肖像」です。

数々の模写を描いてきましたが、ダリの模写は初めてです。

シュールレアリズムの代表格ダリ、私にとって今だに忘れられない出来事は、中学2年の担任が前衛的な画壇の先生だったので、こうしたシュールな絵とか、ポロックの絵をやたら見せられ、「こういう絵を描いてみろ。」と画題がありました。

なぜか私はこの先生に気に入られていて、私の絵が各クラスを周り「こういう絵が良いのだ。」と褒められ、嬉しい思いをしました。

この先生とは19歳の時、偶然ある美術団体の公募に出した絵が入選し、その団体の役員がこの時の先生でした。

私の絵を見て、「君は写実的な絵を得意とするのか?なら京都のある先生を紹介してあげようか?」とまで言われたのですが、この時すでに画家になる夢は捨ててサラリーマン生活をしていた時で、今思えば、運命のターニングポイントであったような気がします。

今日の「ダリの肖像」ここまで進みました。

イメージ 1

ダリの肖像

今日の昼間は忙しい日でした。

もっとも一昨日椅子の乗って高いところから荷物を取り出す際、椅子がズルズルーと移動してしまい、ものの見事にこけた打ち身。

右肋骨とお尻の左部分の痛みをこらえていましたが、早朝8時半に近所の整形外科で診てもらったら、右肋骨3番、4番が骨折、5番にヒビが入っている。

どおりで痛かったはず。コルセットをはめて少しは楽になりましたが、湿布薬と痛み止めの薬を2週間分いただきました。

その後新しい留学生の転入届、在留カードの住所変更、国民健康保険の手続きなどを済ませてから、豊田自動車の見学をしたいと言うので、昼食にスシローへ寄り、隣町豊田市へ行ってトヨタ会館を案内して帰りました。

それでも午後2時から筆を取りました。

負け試合と分かっていながら「なにくそ負けるもんか。」と頑張る性格の好きな私は、こんな時こそ、メラメラ燃えてくるものです。

てなことで只今の出来栄えです。

イメージ 1

「ピカソの肖像Ⅱ」の制作過程

   
PICASSOⅡ

「ピカソの肖像Ⅱ」の制作過程をスライド化してみました。

ギャラリー
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 大縣神社梅まつり
  • 国府宮はだか祭
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
アーカイブ
  • ライブドアブログ