泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2013年10月

モナ・リザ」5作目の模写画完成プロセス


Duplicate picture of "Mona Lisa"  「モナ・リザ」5作目模写画
5作目の「モナ・リザ」模写画制作過程を、スライド映像にしYou Tubeに投稿しました。
 
秋の今宵、「モナ・リザ」の音楽とともにお楽しみください。
 
他にもYou Tubeのmimiran100にはプライベート映像があります。
 
お気に召したらご覧ください。
 
 

5作目の「モナ・リザ」模写画完成

5作目になる「モナ・リザ」模写画、只今完成といたします。

大きさを原寸大とし、顔を中心とした部分だけですが、比較的満足のいく出来栄えです。

この成果により以前の4作品も少し手直ししながら、6作目の「モナ・リザ」も手掛けていきます。

イメージ 1

6作目の「モナ・リザ」模写画制作中

2日間かかってF30号の「モナ・リザ」下絵を転写、前回同様亀裂も描いた為時間がかかりましたが、描いていて常々思うことは、かなりひどい亀裂状態であることです。

保存展示には十分な処置がしてあるでしょうが、いずれ人間同様老化の後はこの世から消える可能性もなきにしもあらず。

かなり深刻な状態の「モナ・リザ」に心を痛めます。

さてさて、下絵の転写が終われば一息です。左右の余白はご覧のように柱でカバーしてみました。

イメージ 1

拡大して見ていただけます。

「モナ・リザ」模写画制作中

突然ですが、数年前から展覧会出品用に買い置きしておいたF100号(162cmX130.3cm)に巨大な「モナ・リザ」を模写してみようかと考えていました。

「モナ・リザ」の縦横のバランスだと1.38対1の縦長サイズで日本のキャンバスサイズでぴったしのサイズは見つからない。

ならば、当初の「モナ・リザ」の絵には左右に柱があったと言うから、この柱を描いて横の空間を描くことに決めました。

ところで100号のキャンバスに描く前に、F30号(91cmX72.5cm)の未使用のキャンバスもあるので、今まで製図版やパネル板に描いていましたが、今回はキャンバスに描いてみます。

今回の「モナ・リザ」模写サイズは原寸の1,19倍です。早速、転写作業に入ろうとしたら今日は右肩が痛くて動きません。

イメージ 1

たぶん明日は雨でしょうか?

左右に柱を描いた「モナ・リザ」はこんな感じになると思います。

イメージ 2

「モナ・リザ」模写画制作中

朝から少し「モナ・リザ」模写の手直し。

イメージ 1

鞍ケ池公園

今日朝の8時40分に、福岡に居る娘からメールで「今から日帰りで名古屋へ行きます。」と連絡が入ったので、セントレアへ迎えに行きました。

丁度飛行場に着いたとき、娘が到着ロビーへ出てきました。少し遅れて福岡を出発したらしくグッドタイミング。

今年初めに旦那の転勤で福岡へ移動したのだが、いまいち馴染めないのか?今日も名古屋の新栄の美容院で午後1時半に予約を入れたと言う。

お昼を池下の洋食屋さんで一緒にしてから美容院へ送って別れ、私は久しぶりに豊田市の鞍ケ池公園へ出かけました。

いつも通り、トヨタ鞍ケ池記念館のアートサロンで名画を見てから、温室へ行きました。

入口に私の好きなカトレアの鉢があり良い香りで出迎えてくれます。トロピカルな世界は良いですね。色鮮やかな花々と暖かい空気。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後まだ日射しもあるので、運動かたがた公園内の若草山を登って、ハイウェイオアシス鞍ケ池PAの展望台まで行きました。

公園内の木に「小さい秋」を見つけました。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

「モナ・リザ」模写画制作中

本日はまだ描き途中ですが、台風27号の影響で雨が降り出しそうな気配。

まだ外光が明るい今のうちに撮影して投稿します。

イメージ 1

だいぶいい感じになってきました。

ただ、以前にも経験したのですが、パネル板の上に描いているとベニア板の横縞模様が下地の白い線となって浮かんできてしまうのが難点です。

遠く離れて見る分には問題ないのですが、間近で描いていると絵具ののりが悪く、筆がすぐに痛み、厄介な作業です。

奥三河ドライブ

今日は午後から奥三河の山間部を、当てなくぶらりと「小さい秋」見つけに行ってきました。

途中で見つけた看板「茅葺屋敷9Km」、まだ行ったことの無い場所です。

一軒の古い農家のたたずまい、入口で人に会い尋ねると「築300年」との事です。

帰ってきてから、インターネットで検索するとこのような説明がなされています。

愛知県岡崎市の東部の山あいを奥へ奥へと入って行ったところに、千万町(ぜまんぢょう)と呼ばれる里があります。
 
標高470m、四季折々の自然が美しい山里です。

そこには、築後三百年有余の永きにわたり風雪に耐え、変わりなく時代を見守ってきた一軒の茅葺屋敷が静かにたたずんでいます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

帰り道はナビにお任せ、以前にも立ち寄った由緒ある古寺「天恩寺」を通るルートで、折角だから立ち寄りました。

天恩寺は足利尊氏の遺言によって1362年(貞治元年)に足利義満が建立した由緒あるお寺です。

長篠の戦いに出向く徳川家康が泊まった寺院として知られ、見返り大杉の伝説が残る。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

「モナ・リザ」模写画制作中

台風27号の影響下、朝からどんより曇り午後から小雨の東海地方ですが、こんな天候日には私いたって絵を描く心が芽生えてきます。

今日は朝から利き腕の右肩が湿度の高い天候のせいか、痛みますが頑張って描いてみました。

イメージ 1

「モナ・リザ」模写画制作中

制作中の「モナ・リザ」模写画、昨日は当初描いた亀裂の線が、塗り重ねでほとんど消えかかった状態なので、

再度描いてみました。

現状は汚した感じですが、この亀裂部分を残した方が上手くいくように思えます。

イメージ 1

ギャラリー
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 勝川駅前通(大弘法通)
  • 勝川駅前通(大弘法通)
アーカイブ
  • ライブドアブログ