泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2012年09月

彼岸花とコスモス

今年は猛暑の影響で彼岸花の開花が遅れていると、先週彼岸花の名所半田市矢勝川を訪れて知りましたが、今住んでいる目の前に小さな川があり、その土手際にようやく彼岸花の群生が見られるようになりました。

彼岸花と言えば一般に真紅の花弁、でもそれらに混ざってクリーム色の彼岸花も咲いています。

イメージ 1

イメージ 2

そして、やはり群生しているコスモス、淡いピンクのコスモスでなく黄色、オレンジ色のコスモスです。

イメージ 3

イメージ 4

絵画の個展

2009年クリエーターズ・マーケット展に出展した時の映像と、
2006年ギャラリーでの個展の様子です。

半田彼岸花まつり

セントレアへ行く道中、「半田彼岸花まつり臨時駐車場9月20日~10月3日」の看板をたくさん見かけました。

テレビのニュースで見たことのある。川沿いに見事な彼岸花が咲き誇っている様子。
下の写真は、検索で見つけた写真です。

イメージ 1

イメージ 2



最初に臨時駐車場のある半田運動公園へ行ったが、午前9時前で数台の駐車している車があるもののシャトルバスがいつ来るかも分からないので、どこが会場か分からないが、おおよその見当で新美南吉記念館の駐車場へ止めようとしたら、臨時駐車場の案内地図を渡されて追い払われた。

案内地図によるとここの北の川沿いのようです。

田んぼ道を回りながら、らしき所で写真撮影、イメージが違っていました。
撮影した場所が違うのかな?トホホホ~~~。

イメージ 3

イメージ 4

どうも気になって、彼岸花開花情報を見てみましたら、このように記してます。

2012年9月19日現在
今年は厳しい残暑のため発芽が遅れています。
一部で咲き始たところもありますが、ほとんどの場所で芽も出ていない状態です。

セントレア

今日早朝にかぐや姫を送りにセントレアを訪れました。

午前8時過ぎ、スカイデッキから国際線の飛行場を見ると、今まで見たことのない大型で奇妙なスタイルの飛行機が2機待機中。

色取り取りの国際線の飛行機を眺めていると、何故かワクワクしてしまいます。
一番奥DREAMLIFTERと飛行機に記しています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

家に帰ってから、インターネットで検索して分かりました。

ドリームリフターの説明です。

ボーイング社の最新鋭機ボーイング787の主翼や胴体の一部など、組み立て前のパーツを運ぶための世界最大級の運搬用輸送機です。

ボーイング747を改造し、コックピットや主翼、エンジン、機体の全長などは元のままですが、胴体の特に上の部分が大きく上に膨らんでおり、荷物を積める容積が元の3倍ほどに広がって、飛行機のパーツをそのまま積むことができます。

名古屋近辺の工場で製造された部品を船でセントレアまで輸送し、ドリームリフターに積込んで最終組立工場まで輸送しています。セントレアでは、ドリームリフターの離着陸、部品積込みの様子をご覧いただけます。

上田久之画伯の油絵をゲット

久しぶりにオークションで油絵をゲットしました。先ほど荷物が届き、開封して出来栄えの良さに満足して、小さなミーミーラン美術館の壁に展示しました。

今日の晩酌のお供はこの綺麗な西洋娘です。

イメージ 1

画伯の名前は初めて聞く名前でしたが、尊敬する小磯良平画伯の筆タッチと似ていて気に入った次第です。

上田久之画伯の経歴

タイトル  娘 油彩 肉筆 F3号 額装 文部大臣賞 名品

1907年、明治40年山口県萩市生まれ。東京美術学校卒(現・東京芸大)。和田英作に師事する。千葉県住む。

第一美術会長を務め、文部大臣奨励賞受賞。創芸賞。日動画廊個展。

サイズ   F3号(22cm×27.3cm)

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

デンパーク安城

過って安城市は、日本のデンマークと呼ばれ比較的規模の大きな耕地を持ち、米に加えてさまざまな商品作物を生産 する「多角形農業」を指して名付けられました。

ここにある「デンパーク安城」へ行ってきました。

今年の6月にも一人で訪れたところ、記事はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/44690306.html

今日も日中は32℃近い真夏の炎天下、涼しさを感じる午後4時頃に到着、今日からの連休中夜遅くまで開園との情報で、かぐや姫と出かけて参りました。

「仲秋のあかり祭」のイベント開催中とのことで、夜のあかりの園内を楽しむつもりでしたがそれを待てずにそうそう帰ってきてしまいました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


園内で見つけたヒガンバナの珍しいクリーム色の花です。
イメージ 4


園内で見つけたオニバスの開花、初めて目にしました。
イメージ 5

イメージ 6

忍野八海・河口湖

小旅行2日目の昨日は、忍野八海と2週間前道路の大渋滞で訪れるのをあきらめた河口湖へ行きました。

早朝9時半でしたが、忍野八海は既に多くの観光客でいっぱいです。

飛び交う中国語のツアー添乗員の声、中国人パワー凄しの光景です。売店の店員さんたちも慣れた中国語で試食を勧め、これまた昔訪れて時とは大違い。

「中国人の団体さんは多いですか?」と店員さんに尋ねると「9月からは少し減りますよ。島(尖閣諸島)の問題でネー。」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


河口湖、今日も大きな雲に覆われて富士山を眺めることは出来ません。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

帰りに、山中湖経由で御殿場アウトレットへ立ち寄り帰ってきました。

イメージ 7

白糸の滝

たまたま、あるセカンドハウス企画の宿泊体験のお誘いにより、再び富士山山麓へ訪れる機会を得ました。

7日の朝に出発し、2週間前に富士五湖巡りをしたとき訪れていなかったポイントを主に訪れた今回の小旅行です。

「白糸の滝」十何年か前に訪れた時は滝壺の近くまで降りられましたが、只今整備工事中で途中までしか行かれませんでした。

印象的だったのは、売店の人たちの中国語での呼び込み。テレビの報道で中国人団体の富士山見学を放映していましたが納得しました。

イメージ 1

イメージ 2

「宿泊したリゾートマンション」目の前に富士山を眺められる好立地。この日はあいにく頂が雲に覆われていて、富士山の全景を見ることができませんでした。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ランの館

今日はかぐや姫の係りつけの歯科医で診察の為、名古屋へ出かけました。

久しぶりに「ランの館」へ出かけ、咲き終えたファレノブシス(胡蝶蘭)の苗を5鉢購入してきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、大須で食事をして散策、午後エルミタージュ美術館展開催の名古屋市美術館へ行ってきました。

イメージ 7

イメージ 8

美術館前の名古屋市科学館の巨大なプラネタリーム、まだまだ予約なしに簡単に入場できない人気のようで、いずれか訪れてみたい所です。

イメージ 9

ギャラリー
  • 大縣神社梅まつり
  • 国府宮はだか祭
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
アーカイブ
  • ライブドアブログ