泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2012年03月

1年前の悲惨な出来事

今日はあの東日本大震災、大津波から1年た経ち、全てのテレビ報道で特別番組を放映、改めて知らないドキュメントに涙する場面がたびたびです。

自分でもあの衝撃からしばらくブログ記事を投稿する気持ちも失せました。

今日改めて1年前をふりかえり昨年の3月の記事を探りました。

http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/43065187.html

特にテレビ朝日系「3・11映像の証言」で放映されたアメリカ海兵隊の「友だち作戦」の実話を見たときは泣けてきました。

改めて今の自分のこれからの生き方を見つめなおすとともに、東北の犠牲者の方々に深く思いはせます。

湯谷温泉の梅

今日の目的だった「川売(かおれ)の梅」にはめぐり合えませんでしたが、山里から少し下った湯谷温泉の周りでは梅が5分咲き程で、良い香りを漂わせています。

本当に梅の香りは良いものです。春を告げる鳥とともに初春の代表ですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ここでも岩盤に清流が渦を巻いた景勝地があります。

イメージ 5

イメージ 6

愛知県民の森

先程の記事のつづきです。

帰り道に「こちら県民の森」という案内を見つけ、少々行きすぎたが別にあわてている訳でもないので引き返し行ってみました。

初めて訪れましたが、夏に来たら涼しげな木立と清流が心地良いことでしょう。

宿泊施設、日帰り浴場、キャンプやバンガロー、運動施設、自然観察など広大な土地に各種施設が整っています。

このあたりは岩盤の上を清流が流れているので、本当に綺麗な川です。夏場は自然プールも行われているようです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

四谷の千枚田

私事ですが、間もなく今住んでいる豊橋ともお別れ、考えてみれば今までよく住まいを変えたものだ。

18歳で家を飛び出してから、名古屋で4回、豊田で2回、再び名古屋へ戻り、中国のホテルでは滞在中4回部屋を変え、日本に戻って岐阜に住み、またまた名古屋へ、今度は2回引っ越し。

その後稲沢へ、名古屋へ、豊橋へと転々と引っ越しを繰り返しています。

別に借金取りに追われて逃げ回っているわけではないですが、何故か何故かです。

人生最後の落ち着き先へ行くまでにあと何回引っ越すのでしょうか?

そんな訳で、豊橋近辺の観光地、名所をしらみつぶし訪れてみようと・・・、気になる「川売(かおれ)の梅」を見に車で出かけました。

ところが今年は寒さが厳しかったせいか、このあたりまだまだ梅の開花には時間がかかりそうです。

道中、思いがけず「四谷の千枚田」という看板を見て寄ってみました。

写真を撮っていると地元農家のご夫妻から「こんにちは」と優しく声をかけられ「良い所ですね」と返答したが、たまに来るには良いが、暮らすには不便なことも多い事でしょう。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

伊良湖 日の出門

今日は朝から快晴、近所の喫茶店でモーニングサービスをいただき、かぐや姫とまずは浜名湖ガーデンパークへ行きました。

イメージ 1

その後、渥美半島先端の伊良湖へドライブ、途中旅館食堂で昼食をいただき、一路伊良湖岬へ。

岬の手前に「日の出門」という景勝地があります。

今日は綺麗な青空に照らされてか、海がエメラルド色に輝いていました。今まで何度か訪れた馴染みの場所ですが、今日ほど綺麗な海の色は初めてです。

沖縄の海色を思い出させる太平洋でした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ギャラリー
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
アーカイブ
  • ライブドアブログ