泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2012年02月

可愛いカモメ

昨日カモメが沢山いる蒲郡プリンスホテル前、竹島への長い橋入口でかぐや姫とカモメにスティック菓子を与えて遊びました。

北風が強く寒い海岸でしたが、鳥たちとの温かな光景です。

最初は鷹の群れが天空を回り餌を取りに来たので、カモメたちが逃げてしまいましたが、しばらく時間をおいてから改めてカモメたちをよんだら、ご覧のように可愛いカモメたちが餌を摘みに飛んできます。

指先から直接摘まんで食べてくれるので、可愛いことこの上ないです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

バナナの花

先週の土曜日に訪れた「のんほいパーク」植物園の温室で見たバナナの花の蕾、記事はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/44324894.html

昨日も寒い日和でしたから再び「のんほいパーク」の植物園、温室へ行ってきました。

先回訪れた時は蕾だったバナナの花が開花したようです。

イメージ 1

イメージ 2

一般の花と比べるとある意味地味な感じですが、南洋の世界最大の花といわれる「ショクダイオオコンニャク」の花弁と似たようなどどめ色。

この上部の小さなぶつぶつが花でしょうか。

花が開花して実がなるのではなく、既に実の小さな房はたわわに花の上部にあります。
バナナの進化はいかなるものかこれから調べてみます。

同じように独特の色彩の顔を持つマントヒヒです。

イメージ 3

のんほいパーク 動物園・自然史博物館

暖かだった温室から出て、今度は日頃の運動不足の反省で寒いけど園内を散策。

こんな寒い日は園内に来る人も少ないが、動物たちにとっても難儀な寒さです。

喜んでいるのはペンギンと北極熊ぐらいのものです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

そして、昨年9月に生まれたインドゾウの赤ちゃん「マーラ」の様子を見にゾウの檻へ。
幸い飼育員さんが小象の「マーラ」を飼育中。フラッシュをたかなければカメラで撮ってもよさそうなので1枚シャッターを切ってきました。

イメージ 4

他の動物はみんな日射しのあるところで日向ぼっこ、可愛いな~。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ここは、同じ園内にある豊橋自然史博物館前の恐竜くんたちです。そして館内に展示中の模型です。おそらくこんな姿でかの恐竜時代に活躍してたのでしょう。
実に多彩な生命誕生からの化石標本や解説がなされ、生物好きのお子様方には大変興味をいだくことでしょう。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

のんほいパーク 植物園

寒さが戻ってきました。こんな日は常春か常夏の世界へでも出かけたいところ。

てな訳でしばらくご無沙汰している「のんほいパーク 植物園」へ行ってきました。

正式名は豊橋総合動植物公園、動物園、植物園、遊園地、自然史博物館がある素敵な公園です。
詳しくはこちらで http://www.toyohaku.gr.jp/tzb/

植物園の温室全景です。

イメージ 1

温室内は入口から砂漠室、サボテン類のコーナーから始まって、高温で湿度の高い亜熱帯植物の茂る地帯へ。バナナの小さな実をたくさん抱えた花ももうすぐ開花でしょうか。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ハスの花が咲いているヨーロッパ風のガーデンです。

イメージ 5

イメージ 6

暖かな温室内にいると居心地がよくしばらく腰をかけて過ごしました。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

豊橋市美術博物館

鬼まつり開催の神社の北隣に豊橋市美術博物館があります。
今日から開催の展覧会「平川敏夫と大森運夫」の収蔵品展を見に行ってきました。

イメージ 1

いずれも豊川市出身の郷土画家ということで大作が多く見ごたえある展覧会です。

同じく一階の展示室では「呉炳学88歳大回顧展」も開かれており、ちょうどギャラリートークでご本人が対談されるところでした。

イメージ 2

今日まで私の知らない画家ですが話を伺えば、呉炳学画伯は日本の植民地支配下の1924年、平安南道平城で生まれた。42年、絵の勉強のため東京へ。

解放直後、東京美術学校(現、東京芸大)に入学したが、「期待したほどではなかった」と2年程で中退。独学でセザンヌ、ゴッホ、ピカソなどの画集から学びながら、独特な画風を確立。

イメージ 3

イメージ 4

力強いタッチ、盛り上がった厚塗りの立派な絵画です。

人物画もありました。

イメージ 5

豊橋鬼まつり

昨日ブログ記事にした「鬼まつり」の二日目、今日は本祭「赤鬼と天狗のからかい」が行われるそうです。

午後2時からの開催と聞いていたので出かけてきました。

神社へ向かう途中、赤鬼の集団に出会いました。鬼と一緒に駆け回る集団は白い粉まみれです。

イメージ 1

イメージ 2

今日の記事を書くにあたって、地域文化資産のページで確認しました。

愛知県豊橋市八町通、安久美神戸神明社の例祭「豊橋鬼まつり」は、国の平穏と豊作を祈って、毎年2月10日、11日に行われる平安時代から続く神事です。

10日の前夜祭は岩戸の舞で始まり、青鬼が町内を回ります。

11日の本祭は、午後2時頃より境内で神事が始まります。有名な「赤鬼と天狗のからかい」は、高天原に現れ悪戯をする荒ぶる神(赤鬼)を、武神(天狗)が懲らしめる様を田楽にしたもので、国指定重要無形民俗文化財とされています。

天狗に諌められ改心した赤鬼は、多数の警護の若者と共に厄除けの「たんきり飴」と「粉」を撒きながら氏子町内に繰出します。この粉をかぶると夏に病に掛からないと伝えられています。

午後2時、本殿の前の八角舞台上には神主さんたちも並んで、いよいよ本祭の始まりのようです。

イメージ 3

最初は、五穀豊穣、天地平安などを祈り「矢打ち」の神事がありました。

イメージ 4

いよいよ赤鬼登場です。

イメージ 5

赤鬼と天狗とのかけあいは私が待機した場所より離れていたので、写真が撮れませんでした。

最後に頭を触ってもらうと厄が祓われ、健康に過ごせると御利益のある黒鬼さんです。

イメージ 6

豊橋鬼まつり

豊橋市の安久美神戸神明社(あくみかんべしんめいしゃ)で毎年2月10日11日で執り行われる
天下の奇祭「豊橋鬼祭り」の紹介ページです。

イメージ 1

イメージ 2

詳しくはこちらで、 http://toyohashionimatsuri.web.fc2.com/

以前にテレビのニュースで見たことのある「鬼まつり」、今日と明日の二日間開催とのことで、スケジュールを見ると、午前10時から岩戸舞と青鬼の出動とのこと。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

青鬼さんはこちらの画像です。いよいよ出陣、町内各地のお店やご自宅に出没するようです。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

掛川城

先ほどのブログ記事のつづきです。

御前崎からの帰りは、いつか旅番組でみた「掛川城」へ、

テレビ番組で見た印象が何故か好く、一度訪れてみたかった。

イメージ 1

イメージ 2

御前崎

予てから訪れてみたかった灯台、御前崎灯台へ行ってきました。

ついつい森進一「港町ブルース」の歌を口ずさみたくなるドライブ日和です。

しばらく写真を撮って散策してみたが、誰もいない平日の寂しい観光地。

イメージ 1

イメージ 2

目前はただただ広~い太平洋の海原が広がるのみ、沖に航行中の船が数隻見えるだけ。

イメージ 3

イメージ 4

ここへ着くまでの道中、天竜川を越したころから斜め左手に富士山の頭を目にしながら来た。普段富士山を目にすることがない私には、富士山が見えるだけでも感動モノです。

御前崎灯台の北側、下岬から駿河湾越しに見えた富士山には納得、富士山の頭を少し雲がかかっていたが、移動するのを待ってシャッターを切りました。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

国府宮はだか祭

そろそろ「はだか祭」の時期ではないかと思い、昨日インターネットで検索したら、土曜日の今日とのこと。

まつり好きの尾張人ミーミーランとしては出かけない訳にはいきません。今年も愛知の東、豊橋市から車で尾張の国、稲沢まで行ってきました。

昔から「はだか祭」が終わると春が来ると言われ、この日を待ちに待った人々が大勢いました。

それにしても今年も今月2日に降り積もった雪が日蔭には残っており、はだか男たちが練り歩く参道はぬかるみ状態です。

通称、国府宮(こうのみや)と呼んでいるこの神社は由緒あるお社です。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.konomiya.or.jp/

午後1時半頃に国府宮に着き、まずは参拝させていただきました。

屋根にまだ雪をかぶった拝殿です。

イメージ 1

拝殿内には、昨日あま市奉賛会から奉納された大きな鏡餅が供えられいます。

イメージ 2

こちらが拝殿右隣の儺追殿で、本日のメイン男「神男」が皆の難を全て荷って最後にたどり着く場所です。右の小さな入口から入殿されます。

イメージ 3

ここからは、勇壮なはだか男たちの参道を「ワッショイ、ワッショイ」と掛け声高らかに儺追布をかざした竹笹を奉納に行進します。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

最後に入場するのは、地元小池正明寺の通称「桶隊」です。この桶ではだか男たちめがけ水をまきます。
午後2時半頃から始まったはだか男たちの集団ですが、始まりのころは日射しもありまだ良かったのですが、「桶隊」の入場する頃は日も陰り寒い、寒い。

イメージ 12

イメージ 13

服を着てみているだけの私でも足元から冷えが伝わり、ブルブル状態。ましてはだかの彼らにとっては身も凍る状態、ここに水をかけ気合いを入れるのと、皮膚の摩擦による殺傷を防ぐための潤滑に水をまくと聞いたことがある。

目の前に報道カメラマンが多いことから推察して、この近くから「神男」が出るようです。
目も前のはだか集団から湯気になって白くなっている部分に「神男」がいる様子。はだか男たちが彼に触って難を逃れるためにモミクチャです。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

「神男」に触って厄払いを済ませたはだか男たちが帰ってきます。
奥の湯気部分がまだモミクチャ状態ですが、まだまだ儺追殿へ到着するには1時間ほどかかることでしょう。

イメージ 17


ギャラリー
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小池昌弘画伯の絵をゲット
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 小牧四季の森公園とグリーンピア春日井
  • 大縣神社梅まつり
  • 国府宮はだか祭
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
アーカイブ
  • ライブドアブログ