泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2011年11月

シャコバサボテン

毎年冬を迎えるこの頃に窓辺を彩ってくれる、シャコバサボテンの花。

その花の美しさとは裏腹に、名前の由来は葉のように見える茎節の形が甲殻類の「シャコ」に似ているから。

シャコバサボテンとは、蝦蛄葉サボテンだったんですね。可憐な花には、別名の「クリスマスカクタス」の方が似合っている気もします。

イメージ 1

ピカソ 家族の肖像

昨日ブログ記事にしたピカソの父、ホセ・ルイス・ブラスコは、長身痩躯の色白で、その風貌や好みのために友人からは「イギリス人」と呼ばれていた。

母マリア・ピカソ・ロベスはホセとは対照的に、小柄で黒い瞳、浅黒い肌という典型的なアンダルシア人の容貌をしており、パブロにもそれは受け継がれた。

母のスケッチ 1895、1896年(ピカソ14、15歳頃)
下の絵に書かれた文字Mi primer intento de acuarela(ぼくの初めての水彩の試み)と読める。

イメージ 1

イメージ 2

母の肖像が父や妹に比べて少ないのは、家事で忙しくてポーズをとる暇がなかったためだと思われる。
バルセロナ・ピカソ美術館が所蔵する膨大なデッサンの大部分は、母が大切に保存しておいたものである。

ピカソの三つ年下の妹ローラもお気に入りの、また日常的にポーズしてくれる唯一の若い女性モデルだった。

<文面は執筆者大高保二郎氏のまま掲載しております。>

人形を持って座るローラ  1895年(ピカソ 14歳)

イメージ 3

画家の妹ローラの2点の習作 1897年頃

イメージ 4

画家の妹ローラ 1898年

イメージ 5

画家の妹ローラ 1899年

イメージ 6

イメージ 7

画家の妹ローラほかのスケッチ 1900年

イメージ 8

 

ピカソ 父の肖像

まわりにいる人やものをなんであれスケッチするのが、ピカソの幼い時からの習慣だった。

画家で美術教師だった父、ホセ・ルイス・ブラスコはピカソにとっても最初の絵画の師であった。自分をはるかに凌ぐ才能を息子パブロに見出した彼は、パブロを画家としての将来の為にさまざまな手を尽くし、また、自ら忍耐強く写生のモデルをつとめた。

1895.1896年 ピカソ15歳の頃の父のデッサン

イメージ 1

イメージ 2

ほとんど青一色の水彩によって描かれ、濃い背景から細長い横顔の輪郭が白く鮮やかに浮かび上がってくる。
1896年頃の父の肖像作品3点

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1899年頃(ピカソ18歳頃)の父のデッサン

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

文面は執筆者大高保二郎氏のまま掲載しております。

ピカソの自画像

一昨日のピカソのつづきです。

美術史上、自画像の画家としてレンブラントやゴッホが思い浮かびますが、実はピカソも数多くの自画像を残しています。

ピカソ自身「私は日記のように絵を描く」と語る。その意味で自画像は、もっとも内密にして素直な心情を告白しているようで興味を引く。

15歳の自画像の優作は将来への漠たる不安とともに、そんな屈折した心理が投影されている。
「ぼさぼさ頭の自画像」とも呼ばれるこの絵のピカソは14、15歳。少年のころは痩せていたにしても、ほかの自画像よりかなり面長に描かれている。

不安に満ちたところか気弱な表情も、見慣れたピカソのものとは違うように感じる。

イメージ 1

1899年から翌年にかけて、深い悲しみの気配と暗い色がピカソの画面を覆うようになる。
木炭で描かれたモノクロームの自画像。

イメージ 2

イメージ 3


1901年(20歳)の作品、青年期のピカソの自画像はいつも実年齢より大人びてみえる。
イメージ 4

イメージ 5


カリカチュア風自画像(1903年作)
いたずら者の猿が、画家の持ち物であるペンと絵筆を左右の耳にはさみ、なにかたくらんでいるようだ。
悪意やずる賢さ、機知や風刺精神に満ちたピカソの一面がここでは猿に重ね合わされている。
多面的な自我を持ち、それを変幻自在のスタイルで表現できる才能こそ、近代芸術家のなかでもピカソが最も際立つオリジナルな点であろう。

イメージ 6

文面は執筆者大高保二郎氏のまま掲載しております。

デッサン・クロッキー会

祝日の今日は、予定通り午後からのデッサン・クロッキー会に参加してきました。

会場は名古屋市芸術創造センターの6階大会議室、生徒さんは総勢20名強でしょうか?はっきり数えたわけではないですが、こういう会は大勢の方が何となく良い感じ。

休憩時間に、お茶やおつまみのお菓子や飴、チョコが出てくるところに主催者の優しい心が感じられ嬉しい。

ところで私の作品の出来栄えは・・・・?

今回のクロッキー、1ポーズ時間が3分、焦る焦る・・・トホホです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

こちらの会では、クロッキーのモデルさんと固定ポーズのモデルさん2人が並んでくれているので、好きな方を選んで描け、興味ある場面をセレクト出来て嬉しい。

着衣の固定ポーズの作品はこちらです。

イメージ 8

イメージ 9

ギャラリー
  • 人生論 堀江貴文著
  • ぎふ清流里山公園
  • ぎふ清流里山公園
  • ぎふ清流里山公園
  • ぎふ清流里山公園
  • ぎふ清流里山公園
  • ぎふ清流里山公園
  • ぎふ清流里山公園
  • ぎふ清流里山公園
アーカイブ
  • ライブドアブログ