泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2011年10月

デッサン会

デッサン教室、行ってまいりました。

名古屋市東区の東区生涯学習センターで午前9時半から午後3時半までの午前と午後の2部をデッサンの時間として過ごしてまいりました。

主催はannexデッサン会、今回初めての参加ですが、主催者の方々と話をしてて、是非この会を盛り上げる意味でもブログで紹介しても良い承諾を得ましたので、ご興味のある方はこちらのホームページをご覧いただき、是非ご参加ください。


関連したホームページに名古屋ROJUEもございます。

こちらのホームページは http://nagoya-rojue.com/index.html

絵画の基本である人体デッサンを経験する機会はそうそうざらにはないでしょうが、こちらの教室は私が経験したカルチャー教室の中では、リーズナブルでありながらも、かなり白熱した真面目なカルチャー教室。

ご興味を持たれた近郊の絵描き仲間の皆さま、ご参加ください。私もこれから機会があるごとに参加する予定です。

さてさて、今日の作品の出来栄えは?????

午前9時半開始の20分ポーズが5回繰り返され、午後も1時から3時20分までの延べ200分、本当にモデルさん、お疲れさまでした。

私は午前中はクロッキー帳に描いていましたが、ご参加の他の方々は木炭や鉛筆でデッサンを続けておられる様子を見て、午後は大型画用紙を頂き、コンテで着色デッサンを試みました。

イメージ 1

イメージ 2

人間をデッサンする

今月の8日にクロッキー教室へ行った記事を先に投稿しましたが、今月30日(日)に再び裸体デッサン教室に出かける予定です。

クロッキーも20年ぶりに挑戦してみたのですが、どうもいまいち。あまりへたくそでは今度のモデルさんに申し訳ないから、少し予習をしなくてはと古い雑誌を出して読み返しています。

画家それぞれに見方、描き方、想いが綴られていて参考になります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

岡田三郎助

昨日の日経新聞の記事の「岡田三郎助」を読んで、改めて私は彼の絵に興味を抱いていたことを思い出しました。

有名な「あやめの衣」をはじめ沢山の写実人物像を描いた岡田三郎助ですが、新聞記事を読んでいて興味ある人柄に出くわすが、画家の顔が思い出せません。

インターネットで検索の結果若き頃と晩年の写真が見つかりました。

イメージ 1 イメージ 2イメージ 3

「支那絹の前」1920年帝展に出品したこの作品制作に、岡田は精魂込めて臨んだはずだ。しかしモデルを務めた画家の妻はこの絵のことに言及し、「主人はわたしをかくのが目的ではなくて、着物をかくのが目的なのです」こんな不満げな言葉を残したという。

モデルの八千代夫人のあまりうれしくなさそうな表情、その後二人の不仲が高じて、八千代夫人は家を出てしまったそうだ。

イメージ 4

これとは対照的に「あやめの衣」は一度見たら忘れられない素敵な絵です。
1927年作、新聞記事によるとこのモデルの女性は、銀座の裏通りの店のマダムだったそうだ。

「マダムのその堂々たる体躯は祖父がオランダ人であり、外国人の血の面影があるからでしょう。店を気に入って通ううちに、マダムは当時画壇の長老、岡田三郎助のモデルを、数年にわたってつとめたことを告白した。

イメージ 5

やはりこのマダムをモデルに描いたであろう作品を、地元のメナード美術館で2作品見たことがある。

イメージ 6

人物評として師匠の黒田清輝は、岡田の特色は「形よりも色に於いて勝るれて居る」と評した。岡田君は初めからこういう絵を描くこうと考えて掛かり、そしてそういう画になると、黒田は言っている。

そして岡田君は面倒臭いということを知らないとも評している。そういう緻密な絵であり、注意深く見なければその良さがわからない絵である。

また彼自身の言葉では、こうも語っている。

「油絵の本質は、どこまでもどこまでも突っ込んで行くところにある。体力のすべてを動員し、研究のすべてを尽し、修正に修正を重ねて完璧なものにするのが油絵である。そしてそれがためには断じて中途で挫折することにない強烈な意欲が必要なのである。」

「油絵の筆触には、油絵の具を充分伸ばすだけの腕力」そして「腕力よりも一層腰の力が大事だ」

「残るものは絵だけだよ。絵かきはそれで能(よ)いのだよ」

太平洋ロングビーチ

今日は隣町、田原市で市民まつりが開催されると知ったので出かけてみました。

しかし、期待にそうものではなかったので、蔵王山展望台とサーファのメッカ、赤羽根大石海岸へ出かけました。

ここに、サーファー憧れのビッグウェイブが満喫できる太平洋ロングビーチが広がっています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

見逃したオークション

マイコレクションに高野三三男の水彩画が二点ある。

イメージ 1

イメージ 2

今週、オークションで二点の高野作品の油彩画を見つけ、参加したのだが、さすが人気画家の作品なだけに凄い勢いで跳ね上がり、ただただ見つめるばかり。

世に言う「類は類を呼ぶ」式に内心入手できると確信してただけに、逃した魚は大きい。

オークション、これは魚釣りによく似ている。水面下の魚とオークション背後の落札者たち、微妙な駆け引きがあり、落札時間すれすれの何秒か前に落札価格を提示、すると更に落札延長時間が提示され、またドキドキしながらチャンスを狙う。

福沢諭吉さまが類を呼んで沢山お集まりならともかく、マイコレクションにおいて少ない福沢諭吉さまの私には、少しでも安く落札したくて今回は見送りました。

こんな、素敵な油彩画をマイコレクションに入れたかった。

イメージ 3

イメージ 4

ギャラリー
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
アーカイブ
  • ライブドアブログ