泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2011年07月

滝とダム

明日は天気が悪そうだからと思って今日、山方面へドライブ。でも天気予報通り、時々激しい雨に降られました。

こちら東三河に住むようになって、まだ一度も訪れたことのない場所。でも一度は見ておきたい場所のひとつが「阿寺の七滝」、以前ブログ記事にした美術珈琲「鳳来館」から比較的近かったのです。
素敵な喫茶店の紹介はこちらです。http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/43475767.html

阿寺の七滝(あてらのななたき)は、愛知県新城市の阿寺川にある滝。滝および周辺は国の名勝および天然記念物に指定されている。日本の滝100選の一つ。

イメージ 1

そして、ここまで来たならもう少し北に上った佐久間ダムへ・・・。

昭和の大ダム、佐久間ダム(さくまダム)は静岡県浜松市天竜区と愛知県北設楽郡豊根村にまたがる、一級河川・天竜川本流中流部に建設されたダムである。

到着直前に激しい雷雨にやられ、ダムまで数キロ手前の佐久間町の駐車場でしばらく待機し、小雨になってから目的地へ。

放流こそされていませんでしたが、すごいスケールです。ダムの中央から下を見ると足がすくみます。

イメージ 2

イメージ 3

よくぞこれだけの造形が出来たものだ。こうしてみると人口開発の造形美を感じますが、やっぱ自然の造形美「滝」の美しさには勝てない感じです。

美術の窓 8月号

部屋に籠っていては精神的にも良くない、今日は自転車で駅前へ出かけました。

途中、喫茶店でモーニング、書店へ行って見つけてきたのが、「美術の窓」8月号。

見出しに「磯江毅 真実とは何か」、先週のEテレ「日曜美術館」でも練馬区立美術館で10月2日(日)まで開催中と紹介がありました。

イメージ 1

この画家の写実ぶりには度肝を抜かれた衝撃を受け、何かと気になって仕方がなく、また好きな画家のひとりに加えたものです。

昨年も画集「礒江毅=グスタボ・イソエ」を購入して、マジマジ見入ってたものです。

イメージ 2

代表作とされる人物画2点を掲載しておきます。

イメージ 3

イメージ 4

韓国人画家のコレクション

韓国人画家、朴台星の作品をゲットしました。

タイトル「ウェイトⅦ」、このところ何故か韓国人画家の作品が容易に集まってきます。

「類は友を呼ぶ」現象でしょうか?韓国人画家の作品が4点コレクションになりました。

本当は「福沢諭吉さん」を沢山集めたいのですが、こちらさまは何故か羽根の生えた鳥のようにすぐにどこかへ飛んで行ってしまいます。

他の作品は、カテゴリ「マイコレクション」でも紹介してますが、一堂に掲載しますとこうなります。

朴台星「ウェイトⅦ」

イメージ 1

李景朝「ランプと裸婦」

イメージ 2

朴珏錞「裸婦」

イメージ 3

裵命鶴「横たわる裸婦」

イメージ 4

藤田嗣治 手しごとの家

藤田嗣治「手しごとの家」林洋子著、こちら2年前に購入した本で、以前にもブログ記事で紹介させていただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/40755054.html

藤田嗣治画伯は私が大好きな画家のひとりで、カテゴリ「好きな画家たち」でも何度か紹介させていただいておりますと共に、私の蔵書に中でもフランスでしか手に入れられなかった画集を始め、写真集、藤田画伯に関した本の大半は読んでいるし、所蔵しています。

イメージ 1

実は実は、今日もまた浜名湖ガーデンパークへ行ってきました。昨日の藤棚下で過ごした快適な時間を、今日は読書時間にしようと思い、紹介の本を持ってスーパーで弁当を買い、午前11頃から4時間ほど南からの海風に気分良く読書時間を過ごしました。

本は時々は読み返してみるものですね。読み返して新しい発見もあります。

今回、興味を持ったのは豊田市美術館の所蔵で、常設展でたいていは展示している「美しいスペイン女」額縁が彼の手作りで記憶も鮮明な名画ですが、今日改めて読み返していると。この絵を描いたのは1949年作、藤田が戦争画責任で責められ日本にいたたまれなくなり、ニューヨークに渡米した時期に描かれた作品です。

この時期に綴られた日記に、レオナルド・ダ・ヴィンチを意識した箇所があり、よくよくこの絵の構図を見るとあの「モナ・リザ」の構図と瓜二つの気がするのは私だけではないでしょう。

イメージ 2

もう1枚、私が魅かれる絵は「カフェにて」こちらもフランスのカフェでたたずむモデルを描いているようだが、実は1949年作、同じくニューヨークで君代夫人の渡米を待っている間に描かれた作品です。

イメージ 3

藤田はカメラに興味があって、当時の最新のライカを持って撮影を重ね、時には写真から構図や絵のヒントを得ていたようです。

こまめな藤田はそのほとんどを日記にまとめていて、いづれ公開されるであろう時期が来たら、是非とも人間藤田画伯ファンのひとりとして読者になりたいものです。

浜名湖ガーデンパーク

以前から一度行ってみたかった「浜名湖ガーデンパーク」、今日BSのテレビ番組で放映してたので、私も行ってきました。

知らなかったのですが、ここは2004年に浜名湖花博の会場跡を再整備して無料開放しているエリアです。

広大な駐車場と会場スペース、素敵な公園です。台風が去って暑さが戻って30℃を超す夏空ですが、今日は南風が吹き、カラッとしていて日蔭では「涼しい」と声に出したい爽やかな天候です。

滝を背景に睡蓮の池が、天からの「暑中お見舞い申し上げます」と声が聞こえてきそうです。

イメージ 1

公園のいちばん奥に「モネの庭」が造園されていました。

イメージ 2

イメージ 3

その他、花博の施設跡の各国の庭園も見ることができます。

イギリス田舎風の家と庭です。

イメージ 4

ヨーロピアンガーデンです。

イメージ 5

イメージ 6

タイの建物と庭です。

イメージ 7

バリ風の庭園です。

イメージ 8

韓国の建物と庭です。

イメージ 9

中国の建物と庭、私には馴染みがあり建物の椅子に腰かけて、池の鯉を眺めながら中国の余韻に浸りました。説明によれば静岡県と浙江省は友好関係にあり、過って杭州のホテルで仕事をしていた時、静岡県各地からのお客様を相手に接待させていただきました。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

近場にこんな良いところがあるとは嬉しい限りです。今度は絵の道具や本を持ってきて一日中過ごしてみようと思います。

ブーシェ作「ソファに横たわる裸婦」

今日の日経新聞「絵画のある場所十選」でフランソワ・ブーシェ作「ソファに横たわる裸婦」が紹介されていました。

ブーシェは好きな画家のひとりで、私も過去三作模写しました。

この紹介の記事はこちらです。http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/33719381.html

イメージ 1

私の描いた模写画です。

説明が興味を引いたから紹介しておきます。

日本女子大学教授 馬渕明子著

美術館の壁は、峻厳(しゅんげん)な宗教画も、この絵のようなエロティックな絵画もひとなみに「名画」というくくりで展示してしまうので、子どもが見たらどうか、というようなものがしばしば現れる。「芸術か猥褻か」という論議があるが両方ある場合だってあるのだ。
西洋美術にヌードはつきもので、ただそれは神話や物語という「必然性」をまとっていたために描くことが可能だったわけだが、ブーシェの活躍した18世紀にはそうした「必然性」なしにストレートにヌードを楽しむ時代となった。とはいえ、やはりこのような絵は子どもの目に触れない場所にかけられていて、寝室とか、貴族の若者の私室などにあった。したがってだれがこのように依頼したか、といった情報は極めて少ない。
この絵は色好みのかサボヴァが、知り合った14歳の少女をモデルにブーシェに描かせ、それを見たルイ15世がこの少女を「鹿の苑」と名付けられた自分のハーレムに入れた、という風に伝わっている。彼女は1年後に王の子どもを産んだが、3年ほどで龍愛を失い、持参金つきで役人に払い下げられたという。
いかにもありそうで、この時代の色好みの雰囲気を伝えてくれる逸話だが、真偽のほどはわからない。

大正村

岐阜県恵那市明智町の大正村へ行ってきました。

何年ぶりでしょうか?大正村が開村されて間もないころに出かけ、その後2、3回は立ち寄ったはず。でもおそらく30年近くは来ていません。

この間に街並みの変わらない部分と、観光地としての開発でしょう。新しい建物や見学場所も増えています。

今年は大正元年から100年という節目からかこのようなポスターが各所に貼ってあります。

イメージ 1

こんな大正ロマンの香りかする建物が現存するもの、新しく建てられた観光土産物屋さん、浪漫館などがほんの小さな町中に点在しています。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

「うかれ横町」何とものどかで酔いどれがいても構わない優しさとロマンの漂うネーミング。
ここの地区は昔と変わりませんね。和式の建物にチョット、モダンな色彩や横文字の看板です。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

町中に小さなせせらぎがあり、山と川とそこで暮らす人々がいて、古いものを大切に共存している懐かしさある素敵な大正村でした。

イメージ 10


詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.nihon-taishomura.or.jp/contents/index.html

鴨居玲Ⅳ

日経新聞「美の美」鴨居玲の分身たち最後の編は1982年制作の大きな絵(181.6cm×259cm)「私」

イメージ 1

1984年作「出を待つ(道化師)」

イメージ 2

最晩年の1985年作「肖像」

イメージ 3

私が最も魅かれる絵の一枚です。

豊橋祇園祭花火大会

今日は、夕方7時過ぎから吉田川で開催された花火大会に行ってきました。

1万2千発の大花火大会、想像以上の迫力に大満足です。過って名古屋の矢田川の花火大会や名古屋港大花火大会を真近かで見たことはあるが、今回の豊橋大花火大会、結構大輪の花火が次から次へと連発が続き見応えがありました。

花火の撮影はとかく難しく、狙ってたアングルとシャッターが切られた瞬間とのずれで、ほとんどが作品にならず。今回も百数十枚撮影して、気に入った写真はほんの数枚の確立です。

花火は連続性がある動画に限ります。

お粗末なスナップですが夏の夜空を飾った豊橋の花火くんたちです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

鴨居玲Ⅲ

鴨居玲のことについて検索してたら、1977年8月号「みづゑ」に談話記事があることを知り、古書のオークションで落札入手した雑誌が手に入ったので早速に読んでみました。

彼が自殺したのが1985年9月7日ですから、7年前に美術評論家の坂崎乙郎氏との対談です。

タイトルが「自分が死ぬときを描く、これが最後のテーマです。」

ブラジルからフランス、イタリアと海外生活をしてた頃の話から始まり、坂崎氏から画家の絶筆作品に興味がある話題になり、鴨居氏が答えています。「ある日、ある夜、フッと死という事におののく時があるんです。恐怖に、なぜか知らないですが、ある瞬間でしょうけど、だから自分の滅びていく自画像でも描き続ければ、これは全くうまい方法だと思ってニヤニヤしているんですけれども、まだガンの傾向はないようです。」(笑)

イメージ 1

1973年作「夢候よ」

イメージ 2

1976年作「ダイス」

イメージ 3

1976年作「風船」

イメージ 4

1973年作「廃兵」

イメージ 5

ギャラリー
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 小島俊男画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 江成一郎画伯の絵をゲット
  • 勝川駅前通(大弘法通)
  • 勝川駅前通(大弘法通)
アーカイブ
  • ライブドアブログ