泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2011年04月

豊川稲荷

石巻山を下山して、喫茶店のモーニングサービスに大満足したミーミーランはその後、豊川まで自転車でエッチラ、コッチラ。

豊川駅前、豊川稲荷へと参りました。今回は2度目の参拝です。以前のイメージよりはるかに広くて大きな境内。

詳しくは豊川稲荷の公式ホームページをご覧ください。
http://toyokawainari.jp/

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

表参道で見つけた商店、観光案内所です。
ここで食べたのは、テレビで紹介されたといういなり寿司と串カツを食べ腹ごしらえ。

イメージ 6

帰り道で見つけたポピーのお花畑です。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

そういえば昨年もこの時期でしたか?豊田市で見たポピーのお花畑を記事にしたことを思い出しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/41658941.html

石巻山

昨夜早めに寝たせいか、朝4時に目が覚め、今日は非日常的な過ごし方をしてみようと思います。

朝風呂に入り、身体も起きるよう血行を良くして心身ともに目覚め、毎日実行してるブログチェックと脳トレに「四川麻雀ゲーム」をする。

コーヒーを飲んでからラジオ体操、比較的日常的ね行動パターンですがその後、一度行ってみたかった「石巻山」へ朝7時に自転車で出かけました。

石巻山(標高358m)、説明文にはこう書かれています。

豊橋から見える石巻山のピラミダルな美しい山容は豊橋市民のシンボル的な存在となって親しまれていて、山頂は天狗岩・雄岩・雌岩の3つの岩頭が突き出した形となっており、その頂上に立つと360度のパノラマが広がる。特に中腹の石巻温泉駐車場から登るコースは簡単に山頂の眺望を楽しめるお勧めルートです。

イメージ 1

山のふもとに着いたら、登山口の自然歩道が見えたので、自転車を歩道に止め歩いて山頂を目指しました。
案内によると山頂まで1時間と記してある。自然のまま育った奇妙な大木もあり、木々の生命力を感じます。

イメージ 2

途中、石巻神社まで107段の階段を上り参拝。小休憩してから後600m、20分の案内にもう一息と励ましたったひとりだけの早朝登山です。

目指す山頂を前に険しい石の絶壁、鉄のはしご階段が2個あり、鉄の鎖を頼りに登り切りました。

イメージ 3

ここが山頂です。

イメージ 4

高い所が苦手のミーミーラン、あまり居心地はよくありません。急いで絶景の山頂からのパノラマを撮影して下山です。

豊川方面のパノラマです。

イメージ 5

豊橋方面のパノラマです。

イメージ 6

下山途中面白い案内看板を見つけました。

イメージ 7

石巻山城跡の看板も、こんな所にも築城するとは、日本人は凄いですね。

イメージ 8

帰りは、石巻山神社近くの一般駐車場から車道を歩いて下山しました。来月5日の端午の節句を祝って鯉のぼりが爽やかな風に吹かれて泳いでいました。

イメージ 9

下山場所が最初に登りだした入口と異なり迷いながら何とか自転車を置いた所へたどり着きました。
丁度、登山を始めてから1時間。国道まで戻り、見かけた喫茶店でモーニング。
このボリュームで何とコーヒー代380円。とても感じのいい店員さんと店内の雰囲気もよく、大勢のお客さんで賑わっていました。

イメージ 10

「ハニーガーデンさんご馳走様でした。」
www.geocities.jp/high_morning/shop/honeygarden.html

豊橋の部屋

ゴッホの「アルルの部屋」をご存じでしょうか?

ゴッホが南仏アルルで過ごした部屋を描いた作品で、先回紹介したゴッホ展にも作品が出品されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/42985289.html

イメージ 1

生涯ヤドカリ生活の私ミーミーランの現在の部屋はこんなんです。
ゴッホのアルルの部屋とさして変わりませんかも、6畳二間の狭いスペースでアトリエ兼寝室と居間、ミーミーラン美術館の作品群だけでも3畳分はスペースを取りそう。

とりあえず空家に保存、ランの鉢植えが40鉢強、家具ともろもろで20日に引っ越しをしましたが、今だかたづかずの現状ですが、お気に入り絵画を壁にかけ、湿気でいたみやすい紙の作品群はエアコンのある押し入れに片づけました。

こんな部屋でしばらくは頑張るつもりです。

イメージ 2

リトルワールド?

豊橋散策第5は、「ここは、リトルワールド?」

オヤオヤ、見つけてしまいました。お隣中国のパクリを笑ってばかりいられないような、ミニ観光資源。
作られてからかなり時間が経っているようで、看板の案内は良く解りません。

最初にオベリスク? 古代エジプトで神殿などに立てられた記念碑の一種だそうです。

イメージ 1

凱旋門?

イメージ 2

万里の長城?

イメージ 3

モアイ像 まあまあの出来栄え。

イメージ 4

スフィンクスとピラミッド これはよく出来た作品かも。

イメージ 5

日本古代のはにわです。

イメージ 6

新緑に風が爽やかになびく今日のお昼、自転車で散策中に見つけた子供公園でしょうか?

疑問符をいくつか出しましたが、決して悪気はございません。地元の方々に愛され楽しんでもらえてることを願っていますよ。

葦毛湿原

豊橋市郊外の葦毛(いもう)湿原へ行ってきました。

過って誰かが「葦毛湿原っていい所よ」って教えてくれてたことが、頭に残っていて今日の午後、自転車で出かけて参りました。

実は先回記事にしたアンパンマンの植木カットを発見した日に、この葦毛湿原まで行くつもりでしたが、場所がはっきり分からず、断念して帰ってきたので、今日は明確に地図で検索してから出かけました。

以外に近く、今住んでいる所からわずか20分で入口駐車場に到着、ここから500m歩いて葦毛湿地です。

説明によると、葦毛湿原は、弓張山地に三方を囲まれた標高70m前後の緩やかな傾斜地に広がる湧水湿地です。 湿原の面積は約3.2haで、湧水湿地としては国内最大級の広さを誇ります。

駐車場から歩いて行くとまず奇妙な枝振りの木々に出くわします。

イメージ 1

ここから湿地の入り口まで、やや地面が湿気おびた歩道がつながります。道中すれ違う知らない人から挨拶されるのが何だか嬉しい。「こんにちは」ACのコマーシャルで既におなじみですが、嬉しいマナーですね。

標高70mの低地にもかかわらず、結構原生林っぽい自然が気に入りました。

イメージ 2

イメージ 3

葦毛湿地の看板です。

イメージ 4

ここからが湿地の風景です。「ホー、ホケキョ・・・」など小鳥のさえずりが心地よく。普段目にも留めない花々にも心が癒されます。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

ギャラリー
  • 平野剛敏画伯の絵をゲット
  • 平野剛敏画伯の絵をゲット
  • 南隆夫画伯の絵をゲット
  • 南隆夫画伯の絵をゲット
  • 南隆夫画伯の絵をゲット
  • 落合公園
  • 落合公園
  • 落合公園
  • 落合公園
アーカイブ
  • ライブドアブログ