泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2011年02月

励みになります。

今、インターネットでYahooメールページを開いたら、blogram jpから届いたメールでカテゴリ「レオナルド・ダ・ヴィンチ」で3位になっていました。

比較的マイナーな芸術関係のブログなのですが、少し励みになりました。

メールはこんなメッセージでした。

今日は、「カテゴリマイスターの日」!!
ぐばにちは、ぐばこです♪

今日は「カテゴリマイスターの日」です!!


正午の時点で、blogramのすべてのカテゴリの1位~10位にランクインしていたみなさんに、ポイントをプレゼントさせていただきました。


ご興味があったら、ご覧くださいませ。何だか励みになりました。

http://blogram.jp/categories/ranking/?category=C.psn.%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%AE%B6.%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81

ルブラン展

3月1日から5月8日まで東京・三菱一号館美術館で「ルブラン展」が開催されます。

こちらのホームページは、http://mimt.jp/vigee/

私もルブランの自画像を見て、彼女の美しさに一目ぼれし、以来三点の彼女の作品を模写しました。

勝手ながら、ミーミーラン美術館での「ルブラン展」を今日から開催いたします。

同じ絵が展示されてるかどうか解りませんが、ご覧に行かれた方からのご感想をお待ちいたしております。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ゴッホ展

今週22日(火)から名古屋市美術館で開催されている「ゴッホ展」へ行ってまいりました。

昨年10月1日から12月20日国立新美術館(東京)、今年1月1日から2月13日九州国立博物館(福岡)で既に開催された巡回展、今月22日から4月10日まで名古屋市美術館で開催です。

既に多くの方々がご覧になられたことと思いますが、私も生存中にゴッホの生絵がはたして見られるかどうかの余裕のない生活事情なので、この機会無くして後悔しないためにもこの目で確かめたかった作品群でした。

正直言うと、私の大好きな画家の中には入らない人ですが、世界的に大人気のゴッホ作品、一見の価値ありと認め、今日金曜日は夜8時まで開館ですから、夕方5時過ぎに訪れたら比較的空いているだろうと思い、普段は閉館時間の午後5時過ぎ5時20分に入館しました。

それまで、デパートの画廊見学や書店でゴッホの作品本を見て、時間をつぶしながら予備知識を得てから見学しました。

そろそろ日も暮れようとする夕方の名古屋市美術館です。ご存じのように名古屋出身の建築家黒川紀章の設計による美術館です。

イメージ 1

人ごみの激しい中での美術鑑賞は不得手で、損した気分で後味が悪いものですが、今回は得した気分。
やはりサラリーマンの帰社時間前と、平日の閉館時間という一般常識で比較的空いていた感じ。折り重なって他人に遠慮することなくゆったり見ることが出来ました。

ゴッホ作品だけでなく、同時代の影響下の画家たちの作品も並んでいて、内容の濃い展覧会です。
ただいつも気になるのが、どうしてゴッホの絵の額縁は無垢の木の単純な額縁が多いのでしょうか?
豪華なロココ調のゴテゴテデザインの額縁にも負けない位のゴッホの作品なのに、どうも不調和な感じの額縁が気になって仕方がありません。

作品によってはゴテゴテ額に調和よく納まっているのに、どうにも腑に落ちません。今回の作品郡の中でゴッホと言えば「自画像」ですが、この2点が隣り合わせに展示されていました。

ゴッホらしい色調と筆タッチのこの絵は皆さまご覧になられたことがあるでしょう。

イメージ 2

私が最も今回の展示品の中で気に入った絵は、この厚紙に描かれた自画像です。非常にリアルで自信ありげなこの表情がとても好きなんです。

イメージ 3

美術館を出てきたのは6時半、すっかり辺りは暗くなりスポットライトに照らされた名古屋市美術館も素敵な表情で誇らしげでした。

イメージ 4

早春散策

昨日から日中は14度を超える春陽気。

今日も、車で走行中窓を開けて外気を入れないと熱く感じる温かな日和です。

朝、知り合いから、名古屋市千種区の東部にある平和公園の1万歩コースが散策するのにイイよと聞かされ、早速、午後出かけて参りました。

この地は1988年にオリンピックを名古屋へ招致する際、新たなオリンピックスタジアムをここに造る計画があり、一部市民が自然をそのまま残し保存すべきだと呼びかけ反対運動をしました。今で言う里山保存の先駆けで市民運動を起こした地です。

幸いと言うか、1988年のオリンピックはソウルに決定、名古屋は招致に敗れ今なおこの地が自然のまま残されたいきさつがあります。

入口にはまだ完成していない案内ロッジがあり、「平和公園くらしの森」と案内板がありました。

イメージ 1

イメージ 2

さて、私の目的は春探し、でもでも上空にはカラス、カラスの大群が木の枝にとまり、カ~カ~~と大合唱。

少々不気味な雰囲気の中、せせらぎに春を感じさせる綺麗な水が流れ、タンポポの様な黄色い花、梅が咲き誇った木を見つけました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


春はもうそこまで来てますね。

私のラン展

今日、NHK教育テレビ「趣味の園芸」で「世界らん展日本大賞2011」を放映していましたが、私が趣味で栽培してるランたちも、今胡蝶蘭(ファレノプシス)が4鉢咲いています。

まだ全部の蕾が開花したわけではありませんが、今日の「世界らん展」放映を機に今日の記事とします。

イメージ 1

ギャラリー
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ
アーカイブ
  • ライブドアブログ