泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2010年08月

「すごい生き方」

今夜何気なく書棚にあった古い日記のノートに手がのびた。
ペラペラとページをめくってみると、3年前の今頃、8月21日(火)の記述がこれ。

あなたはもっと「すごい生き方」ができる! フランソワ・デュ・ボウ著

美術家にとっては孤独は不可欠です。作曲もえを描くにも、文章を書くにも、作品を生み出すためには、まず孤独になることでが必要です。

そして他の誰でもない、自分の価値観、自分の感性を信じて、苦しみながら作品を生み出していきます。

孤独になることを恐れていては、芸術家として生きていくことは出来ないでしょう。自分を信じ、自信を持って前に進んでいくしかないのです。

自分の持っている個性が、少しくらい他人と違ったとしても、それで評価が下がることは決してありません。むしろ人それぞれ違う方がずっと自然なことなのです。

あんなふうに生きられてらいいな。と思うあなたのヒーローやヒロインを思い出してください。

彼らは決して「他人と同じ」生き方や価値観には縛られていないはず。それどころか、他人と違う自分の感性に自信と誇りを持って生き生きと輝いているはずです。

ミーミーラン、中国で400人の従業員を抱えるホテルへ単身赴任。専属の通訳がいるものの、夜はヤッパ孤独、絵を描いて気分を紛らわせていました。

イメージ 1

イメージ 2


思い通りに生きるための「5つの考え方」その1

1.「他人と同じ」をやめてみる。
2.「自分と向き合う」時間をつくる。
3.「自分を否定した相手」から逃げない。
4.「褒められてから」素直に喜ぶ。
5.「自分という人間」を客観的に把握する。

思い通りに生きるための「5つの考え方」その2

1.自分の良い所と悪い所を把握する。
2.「好きなこと」と「ラクなこと」を混同しない。
3.モノの価値を「他人の評価」で決めない。
4.何でも型にはめて考えるのはやめる。
5.「いますぐ」強くなる必要はない。

思い通りに生きるための「5つの考え方」その3

1.「正解」ではなく「後悔しない道」を選ぶ。
2.「まあいいや」という言葉を封印する。
3.「これしかない」という思い込みは捨てる。
4.怒りの感情は意識的によけて通る。
5.「なりたい自分」を言葉にして書き出す。

思い通りに生きるための「5つの考え方」その4

1.嫌いな相手に「良い所」を見つける。
2.相手に不満をいうときは、まずひと呼吸置く。
3.「言わなくても解ってくれるはず」とは考えない。
4.「自分の言葉」で話す。
5.上手に相手の「気をそらす」

思い通りに生きるための「5つの考え方」その5

1.「理想のイメージ」の犠牲にならない。
2.ピンチに隠されたチャンスに敏感になる。
3.「居心地の悪さ」は代わり時のサイン。
4.自分にとって「楽しい努力」をする。
5.どんなに小さなことでも疑問を持つ。

入道雲

午後4時のまだまだ暑い日射しの中、洗濯物を取りに外へ出てフト青い空を眺めたら、

オーヤオヤ、真っ白に光り輝く入道雲。

今年初めてかも・・・、真っ青な空に見事に映えた夏らしい光景に出合いました。

ほんのわずかな時間差にみるみる形を変えていきます。

イメージ 1

イメージ 2

名古屋港水族館

ブログ記事の掲載が日付的に前後しますが、昨日はかぐや姫と名古屋港水族館へ行ってきました。

もう何度か来ていますが、二人ともお気に入りスポットのひとつです。夏休み最後の週末とあってか子供づれ、アベックのお客さんたちで賑わっていました。

過って人気者だったシャチのクーが亡くなり、代わりにナミがこの水族館に来たのだが、長い間待っても下半身しか見せてくれず、顔や全身を撮影することは出来ませんでした。

ナミちゃんの下半身と情報の映像です。

イメージ 1イメージ 2

ここの水族館、もうひとつの名物白イルカ(ベルーガ)です。本当に真っ白で涼しげです。

イメージ 3イメージ 4

何と言っても素晴らしいのはイルカショーの演技、本当に人懐っこく頭の良い動物であることを見せてくれます。

イメージ 5イメージ 6

夏休み特別ショーだそうです。人とイルカが一体で見せる素敵な演技です。

イメージ 7イメージ 8
イメージ 9イメージ 10

どまつり2010

今日、昼間「にほんど真ん中祭り(通称 どまつり)へ行ってきました。

どまつりを詳しく知りたい方はこちらまで  http://www.domatsuri.com/

7月後半から8月のついこの間までの酷暑とは少し遠のいた感じの昨今ですが、まだまだ日中の日射しは厳しいものがあります。

会場の名古屋久屋大通公園のメイーン会場、パレード開催の南大津通りは大勢の人出と観客で大賑わいです。

汗だくで踊っている人たち、熱中症対策でサポート役で思い水やお茶、氷を運ぶ人たち。

「本当にご苦労さん」と声をかけたいほどです。

スピーカーのボリュウムをいっぱいに上げ、激しく踊る舞踏の人たちの熱気はすごいです。「気合いだ、気合いだ」と声かけながら最後の力を振り絞って、暑い大通りを踊っています。

イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4
イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8
イメージ 9イメージ 10
イメージ 11イメージ 12
イメージ 13イメージ 14
イメージ 15イメージ 16
イメージ 17イメージ 18
イメージ 19イメージ 20

国立ボリショイサーカス

今日は夕方開演、本日3回目の「国立ボリショイサーカス名古屋公演」を見に行って参りました。

残念ながら会場内での撮影禁止のため映像はありませんが、詳しくはこちらで説明をご覧ください。

http://www.bolshoicircus.com/

30年ほど前、子供がまだ小さかった頃、連れてきたことがあったが、とても好印象だったことを思い出し、かぐや姫にも見てもらいたくて、数日前に券を予約し前列から9列目の比較的前の方の席を確保しました。

期待通りの綺麗で華やかな2時間にわたるショーに大満足しました。

帰りに「ランの館」の夜間の光景を見に行こうと思い、地下鉄で最寄りの駅で降りたが、目の前に小籠包のお店があり、先に腹を満たそうと入店。

予約の順を待ってビールグイグイ、食べてから、「ランの館」に着いたら、既に午後8時を越していて閉館でした。

明日、明後日、名古屋の「にほんど真ん中まつり(通称どまつり)」会場の久屋広場には、前夜祭の今夜から全国から集まった出演者や見物人の数がすごい。この人出を目にしながら地下鉄「矢場町駅」から帰宅しました。

本日は画像が無くて申し訳ございません。

明日、この「どまんかまつり」の取材を画像でもってするつもりです。
ギャラリー
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 午後散歩
  • 午後散歩
  • 博物館明治村
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 大阿闍梨酒井雄哉 不思議体験
アーカイブ
  • ライブドアブログ