泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2010年03月

制作途中

3月も残すところ、あと1週間。

最終引っ越し準備やら仕事の引き継ぎ等で、昨日から忙しい日々を送っております。

絵画の方もこの辺りで筆を止めないと、引っ越しの際に絵具が生乾きで汚してもいけないので、今日から月開けて、落ち着くまで暫く休止いたします。

最近手がけている「フローラ」

イメージ 1

同じく「実験絵画」です。

イメージ 2

今度の新天地はアトリエスペースの無い所ですが、何とか工夫して絵画制作は続けて参ります。

パソコン環境も変えなければいけないと同時に、何かと段取りが悪くて、暫くの間記事掲載も休止の状態のなるかと思いますが、ご了承くださいませ。

ではでは、またの機会まで・・・バイバイだよ~ん。

世界最大ボーリング場

昨日名古屋港からの帰りに、家の近くにあるショッピングセンターへ寄ったら、やたら県外ナンバーの駐車が目立っていた。

理由は後でわかったのだが、このショッピングセンターの2階は、世界最大級のボーリング場。
ここで、昨日の夜から全日本ボーリング大会が開催されるのだ。

私が若いころ、第1次ボーリングブームに沸き、早朝から順番取りで並んでまでボーリングをする風潮があった。

綺麗で若い女子プロボーラーの中山律子さんや須田開代子、並木恵美子などが毎週テレビで放映され、さらにボーリングブームに拍車をかけていた。

今また、チョットしたボーリングブームみたい。我が寮生たちとも毎年、ここ稲沢グランドボールでボーリング大会をしてきました。

今日の午前中、この大会の様子を見に行ってきました。

第48回全日本ボーリング選手権大会

イメージ 1

イメージ 2

トロフィーの数々

イメージ 3

会場風景

イメージ 4

イメージ 5

何が世界一か?それは1フロアー116レーンという広さです。ギネス世界記録認定だそうです

イメージ 6

廃墟のイタリア村

イメージ 1


2005年、「愛地球博」の開催で地元、愛知は活気があった。そして、時同じくしてここ名古屋港イタリア村も開村。
私個人的には、お気に入り場所のひとつで何度か訪れた。ただある時から無料入場であったのが、施設に入るのにお金を取ったり、温泉施設を作ろうとボーリングしたり、イタリア村に足湯施設は似合わないでしょう。

どうも不審な施設になりつつあった。

インターネットで検索しその歴史を探るとこのように記してある。

開村当初は年間420万人に達した入場者も、2008年には半減した。その結果、2008年5月7日に170億円の負債を抱え経営破綻し、東京地方裁判所に自己破産の適用を申請、同日破産手続き開始決定を受けた

名古屋港イタリア村(社長田中肇)は、セラヴィホールディングス (社長若杉譲二)傘下のセラヴィリゾートが運営していた複合商業施設である。

名古屋港ガーデンふ頭東側の、日本通運倉庫跡地(敷地面積約31,000m2)に、イタリアのヴェネチア(ヴェネツィア)の景観を模した建物が並ぶ。

村内は「ショッピングゾーン」・「エントランスゾーン」・「クレールベイサイドイタリア村」・「ヴェネチアンガラス美術館」の4つのエリアに分けられており、80の専門店が出店していた。

また、村内に設けられた水路では本場イタリアから輸入されたゴンドラが運行され、有料で乗船することができた。その他、ミケランジェロのダビデ像のレプリカ、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の真実の口広場にある真実の口のレプリカなども設置されていた。

開村当初は基本的に無料で入場することができたが、2005年4月23日から土日祝日の入場に限って名古屋港イタリア村500円クーポン券の購入が必要になった(午後6時以降は無料)。ただし2006年11月23日から再びクーポン券購入は不要となっていた。

今でも近くでみると建物の出来栄えはとても良く、がっしりとした重厚感もあるし、イアタリアの特徴ある色彩、古めかしさなど忠実に再現しており、なんとか再開発してこの施設を生かしてもらいたいものだ。

今日撮影してきたイタリア村の様子です。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

運河の奥に見える船の煙突は、今晩出港の「飛鳥Ⅱ」です。

イメージ 8

名古屋港

飛鳥Ⅱを見に来たついでに、名古屋港のお知らせをチョット。

こちらが名古屋港のシンボル、名古屋港ポートビルです。
名古屋港のシンボルとして1984年オープン。その概観は海に浮かぶ真っ白な帆船をイメージしています。高さ63m、7階の展望室からは港のパノラマが360度見渡せます。

ポートビル3階にある「名古屋海洋博物館」は名古屋港の生い立ちと役割、港や船に関する展示を行っています。

イメージ 1

こちらはポートビルの北にある南極観測船「ふじ」です。

1965年から18年間にわたって南極観測を支えてきた砕氷船「南極観測船ふじ」を永久係留。船をそのまま南極に関する博物館として公開しています。

イメージ 2

ふじの西側に名古屋港水族館があります。

名古屋港水族館は、1992年に南館、2001年に北館がオープン。世界最大級のメインプールではイルカのダイナミックな生態が確認できます。

イメージ 3

そしてふじ前のガーデンには、あの有名な犬、タローとジローの銅像があります。
皆さんも高倉健主演の映画「南極物語」に記憶がおありではありませんか。シンセサイザーを使ったあのテーマ曲がよみがえってきます。

イメージ 4

飛鳥Ⅱ

大型クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が、本日名古屋港に入港することを知ってて、カレンダーにチェックしておいたので、撮影に行ってきました。

何年か前にも偶然、名古屋港に行った時、ガーデン埠頭の岸壁に停泊しており、携帯のカメラで撮影したが、本船が大きすぎて画像に納まらず、この大きさに圧倒されました。

過って1万4千トンのフェリーで4回、小笠原への船旅に出かけたことがあるが、飛鳥Ⅱは調べてみると4万9千トン。

巨大な大型ビルが突然出来たかの様。鋭敏で素敵なスタイルの先端部分。

イメージ 1

全体を写そうにも、どうしても大きすぎてどこかが欠けてしまう。

イメージ 2

ポートガーデンからの飛鳥Ⅱ。

イメージ 3

後ろからシャッターを切る。

イメージ 4

全景を撮るには、少し離れたところから。

イメージ 5

名古屋港のシンボル、ポートビルと飛鳥Ⅱ。

イメージ 6

ギャラリー
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
  • 浜松観光
アーカイブ
  • ライブドアブログ