泰西名画模写画とオリジナル絵画、コレクションの作品紹介

10年以上続けてきたヤフーブログから移行してきました。 画家になりたいという、若い頃からの夢をかなえたくて、独学で模写から勉強しています。 また、好きな人物画を主に、有名無名を問わず気に入った絵画収集にも努めています。 他にも日々お出かけの日常などを紹介しています。

2009年09月

「リッタの聖母」制作中

エルミタージュ美術館所蔵の15~16世紀、イタリア・ルネサンスの名画「リッタの聖母」、
模写画の制作が随分進んできました。

イメージ 1

この「リッタの聖母」と名付けられたリッタは、前所有者の名前。
授乳する聖母が描かれているが、黒い壁をバックに浮かび上がる美しい聖母の横顔、
受難のシンボル・ヒワを左手に持つイエスの表情が、
これより前に描かれた「ブノワの聖母」とは趣を異にする。
そのため、レオナルド・ダ・ヴィンチの真作かどうかが議論されており、
20代で描いた聖母子像を塗りなおしたとする説もある。

イメージ 2

「ブノワの聖母」こちらはレオナルド26歳、工房から独立する前後の意欲的な作品で、
聖母の顔や衣装の輪郭に、スフマート技法(ぼかしの技法)の萌芽がみられる。
こちら「ブノワの聖母」と名付けられたブノワも以前にフランス人画家ブノワが所蔵していたのでこの名前である。

忘れられない言葉2(棟方志功)

真の芸術家とは、このような人を名指すのではないだろうか。

誰にも気負いなく、自身の自然体で生きていく生き様。



ゴッホの絵と出合い、画家になろうと決心し、わたくしはゴッホになろう、そう自分に語りました。

何としてもゴッホになりたいと思いました。

プルシャンブルーで描かれたゴッホのひまわり、グルグルして目の廻るような、輝きつづく、

あんなひまわりの絵が描きたかったのです。

鍛冶屋の息子は相槌の火花を散らしながら、わたしはゴッホになる。

裁判所の給仕をやり、貉(むじな)の仲間と徒党を組んで、わたしはゴッホになる。とわめいた。

ゴッホになろうとして上京した。

貧乏青年はしかし、ゴッホにならずに、世界のMunakataになった。



ミーミーランも尊敬する棟方を志向してみました。

イメージ 1


参考にした写真

イメージ 2


ちなみに先回は、レオナール・フジタを模して変身しました。

忘れられない言葉1(中島通善)

今日読んだ本の中から「忘れられない言葉1」

絵画は、何事かを瞬間で感じ取れることが魅力です。

制作にどんなに時間をかけても観る時は一瞬です。

すぐ飽きるものもあれば時間とともに魅力の深まるものもありますが、

絵はいかに一目ぼれするかが肝心です。

さらに飽きがこなければ最高です。

絵にはそれを観る自分の人柄が映し出されるものです。

                         版木画 中島通善

サンドフェスタ会場

今日も良い天気、部屋にこもって絵ばかり描いていても、精神的に不健全な気がして、給油ついでに兼ねかね訪れたい場所へ行った。

9月19日から開催中のサンドフェスタ会場(10月12日まで開催、期間中に宝探しやフリーマーケットなどイベントが予定されています)です。
車で20分ほどで行ける近場のお気に入り場所のひとつ。

現物を見るのは初めて、大小13基の砂山に水をかけ固めては、ヘラやコテのようなもので削って砂彫刻に・・・。雨が降ったら・・・心配ですね。

こんな会場です。

イメージ 1イメージ 2

全部で13基あったが、既に完成した作品もあり撮影してきました。

イメージ 3イメージ 4
イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8
イメージ 9イメージ 10

ここは、木曽川の下流に近く川幅もあり広々とした堤と川との間に御覧のような森があり、遊歩道には、もうそろそろ花の終わりを告げそうな彼岸花がまだ目を楽しませてくれます。

イメージ 11イメージ 12

砂浜に出ると、180度木曽川、ここはウインドサーフィンをする人々で賑わうのだが、何故か午前中は御覧のようなヨットが数槽遊んでいる。

イメージ 13イメージ 14イメージ 15

ウインドサーファもそろそろお出ましのよう、昼過ぎからは初秋の暖かい日差しの中、ウインドサーフィンを楽しむ人々で賑やかになりそうです。

「リッツの聖母」模写、手直し

過去の記事になります「リッタの聖母子」完成?6月8日ブログ記事アップ。
この記事は http://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/39033242.html


正直?マークが付いているように完成宣言の自信、半分は無かった。

昨日「大公の聖母」に使ったネーブルスイエロー・フレンチをこの絵の肌色に着色してみたら、思い描いた通りの色彩に見事に変化、とても良い印象だ。

この手本には、2枚の参考写真がありますが、所蔵しているエルミタージュ美術館まで、ちょっとお出かけ、実物の絵を見て脳裏に色彩を焼き付けてくる訳にはいきません。

資料の写真を御覧のように参考にして、おそらく本物はこんな色彩かな・・・?と想像しながら描いてますよ。

イメージ 1


これぞ大発見、フランス料理のような名前のこの絵の具色、ネーブルスイエロー・フレンチ。


今日は描く時間があまり取れず、少々の変化しか見られませんが、以前の記事の写真と見比べていただいたら、違いようがはっきりしています。


今日少し手直しした「リッツの聖母」です。

イメージ 2

ギャラリー
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 茅原佳介画伯の絵をゲット
  • 午後散歩
  • 午後散歩
  • 博物館明治村
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 田村孝之介画伯の絵をゲット
  • 大阿闍梨酒井雄哉 不思議体験
アーカイブ
  • ライブドアブログ