春日井に越してきてまもなく2ヶ月、かねてから一度訪れてみたかった「勝川大弘法」、テレビのローカル番組で何度か紹介され見た記憶があります。

今は、JR中央線勝川駅周辺は大きく様変わりし、マンション群と新しいショッピングやホテルなどで綺麗に整備され、私が記憶していた古い勝川駅の様相は一変しています。

昔ながらの駅前商店街から一歩横道にこの大きな弘法様があります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ネット検索したら、こう説明されていました。

勝川大弘法(勝満山 崇彦寺)

勝川大弘法について

 勝川大弘法さまは、昭和三年、当地の山口悦太郎氏が私財を投入して建立されました。 高さ18メートルの修行のお姿のご尊像は、全国にも類がなく、毎日多数の老若男女が参拝され、 一日中お線香の煙が絶えることがございません。勝川の名所として沢山の方に親しまれています。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

わずかな滞在時間にもお二人の女性がお参りされていました。