私の至福の時間、よくよく考えてみると「自分にとっての至福の時間」これがあるからこそ、頑張れるのかも知れません。

誰しもそれぞれに至福の時間を大切に過ごしていらっしゃることと思いますが、今日はあえて、いろいろな規制が有るからこそ得られる「尊い至福の時間」をありがたく受け入れています。

早朝4時に目覚まし時計を設定し寮生の食事の準備、その後も自分の朝食を済ませれば、指定のゴミ出し、展望浴室や食堂玄関の清掃、食事の買出し、宅配業者からの荷物受取や郵便物の仕分け、関連業者の出入りや対応などなど昼間もゆっくり休む暇も無い現実ですが、今日は午後から沢山集めたマイコレクションの中から飾れるスペースに4点の絵をかけてみました。

午後9時過ぎからの時間、パソコンのブログ情報やオークションの情報をチェックしながら、絵を眺める時間が目下私の「至福の時間」です。

そろそろこの時間になると床に入る時間です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

こうした写実的な絵画をかざり、少し酔っ払ってしみじみ眺めるこの時間は、もっか私の生きがいを感じる時です。

オークションで購入した価格は、○○万円だがこの絵の評価格はその何倍でしょう?
夢だか?妄想だか?解りませんがこんな夢時間です。