「高野三三男の肖像」完成とします。

テーブル上の筆や絵の具などが完全ではありませんが、高野画伯自身の存在は十分に完成したと思います。

イメージ 1