「藤田嗣治の肖像Ⅲ」を描き始めます。

「藤田嗣治の肖像シリーズ」これで3枚になりました。

今回モデルにした写真も第2作目と同じときに撮影されたものです。

藤田画伯の服装、背後の「優美神」の大作、同じ状況です。第1作目で隠れて見えなかった絵は少女の絵だったようです。

写真から見えてくる藤田画伯のアトリエの様子、想像するだけでも楽しいものです。

イメージ 1

この時期は、脚光を浴びた乳白色の肌に、細い面相筆で描いた輪郭線、陰影をぼかした独特の絵画から、色彩豊かな、その時期既に一脱した晩年のアトリエでの藤田画伯です。

今回もF20号のキャンバス使用、横描きでとりあえず下書きを済ませました。

イメージ 2