昨日の続きです。

「藤田嗣治の肖像Ⅱ」 今日は朝から描き、黒で荒塗りが終わったところです。

イメージ 1

ところで気になるのが、背景の大作。

イメージ 2
]
1946年から1948年にかけて描かれた、127.3cm×191.1cmの大作です。

この絵は秋田市の平野政吉美術館に所蔵されているそうですが、1886年生まれの藤田画伯ですから、60歳から62歳に描かれた絵です。

ちょうど私の今の歳に近く、模写画を経験してきた私としては、この部分しか撮影に写っていない「優美神」の全体像を模写してみたい気分で、只今構想中です。