今日午前のEテレ「日曜美術館」で磯江毅を放映していました。(来週日曜日の午後8時から再放送)

美術好きの皆様の中には、ご覧になられた方々も多いことと思います。

磯江画伯のことは写実画家として一目置いていて、記憶にはあったのですが、3年ほど前に書店でこの画集に出会い購入し正確な情報を得て、つくずくすごい画家だな~と思いを募らせていました。

2007年53歳の若さで亡くなられてことは残念なことですが、精いっぱい写実画に精進され、独自の世界を絵画に導き出された素晴らしい画家でしたね。

画集からのスキャンですが、ここに掲載いたします。

画集「磯江毅/写実考」 2009年 美術出版社発行

イメージ 1

1993年ころのご本人

イメージ 2

1976年デューラーの模写画2作

イメージ 3

イメージ 4

1979年ウェイデンの模写画「聖母子」

イメージ 5

1993~4年「新聞紙の上の裸婦」

イメージ 6

1980~1年「横たわる裸婦」

イメージ 7

1983年「シーツの上の裸婦」

イメージ 8

2006~7年「バニータスⅡ」

イメージ 9