レオナルドダ・ビンチ幻の絵「救世主」NYで発見 ロンドンの美術館が展示へ

レオナルド・ダ・ビンチが描いた「サルバトール・ムンディ=ロバート・サイモン氏提供(AP)
 イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ビンチが1500年ごろ制作、一時期英国王が所有した後、行方不明になったとされていた油絵が米ニューヨークで発見され、英ロンドンのナショナルギャラリーで11月から展示されることが決まった。AP通信が11日伝えた。米芸術誌アートニュース(電子版)によると、2億ドル(約160億円)の売買価格も一時取り沙汰された。

 この絵はキリストを描いた「サルバトール・ムンディ」(救世主)。17世紀には英国王チャールズ1世のコレクションだったが、1763年に競売に掛けられ、1900年には傷んだ状態でコレクターに売却された。さらに、その親族が58年に45ポンドで売却した。

 現在の所有者によると、専門家らによる調査の結果、描画方法や用いられた絵の具などからダビンチ作品と判明したという。(共同)

イメージ 1