イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ご夫妻の仲の良さは、奥さまの表情から察することができると思います。

一番上の写真をご覧下さい。自分の肖像画を嬉しそうに見せる奥さまの表情、
1918年作、奥さまが20歳で、結婚前の時の絵の写真は最高ですが、
実際の結婚生活は、極貧の中で始められたという。

収入30円、家賃30円。次々と生まれた子供も身体が弱く、熱を出しても、
病院へも行けなかったらしい。

奥さんはむろん、周囲の人も「絵を描いて稼いでください」と言ったが、
熊谷は「たしかに、それは言われる通りなのです。しかし何度もいうようですが、
あのころはとても売る絵はかけなかったのです」(へたも絵のうち)と記しておられる。

熊谷守一1880年4月2日~1977年8月1日 享年97歳
秀子夫人1898年    ~1984年6月1日 享年86歳
お二人とも長寿である。特に熊谷に至っては97歳、肺炎のため亡くなったが、天寿に近い。

二人で将棋や囲碁を楽しんだり、何をするにも二人一緒で、本当にいい夫婦ですね。